このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

不妊治療

不妊治療を受けられるご夫婦を支援します。

不妊治療支援事業

 

事業内容

夫婦が不妊治療を受ける場合において、保険適用外医療費の一部を助成します。
(事業の拡充により、子どものある夫婦も助成が受けられるようになりました。)

助成対象者

  • 不妊治療を受ける夫婦(戸籍上の夫婦)
  • 夫婦ともにもしくはどちらか一方が、1年以上鹿沼市に住民登録している方。
  • 医療保険各法の被保険者又は被扶養者であること。
  • 市税に滞納がないこと。

助成額

不妊治療に関わる保険適用外医療費(自己負担分)に対して、県の補助やその他給付金等の金額を差し引いた額に2分の1を乗じて得た額で15万円を上限とします。

申請

同一夫婦が妊娠を目的とした治療を行った場合において、通算して5回まで申請が可能です。

必要書類

※状況によって、必要書類が異なりますので、詳しくはお問い合わせ下さい。
  1. 鹿沼市不妊治療助成金交付申請書(様式第1号)
  2. 医療機関証明書(様式第2号)
  3. 不妊治療に関する領収書または支払証明書
  4. 健康保険証の写し(夫と妻のもの)
  5. 市税完納証明書(夫と妻のもの)※市役所納税課または各コミュニティセンターで無料発行できます
  6. 非課税証明書
  7. 交付決定通知書の写し(他制度による助成を受けた場合)
  8. 戸籍謄本(夫婦のどちらかが鹿沼市に住民登録していない場合)
 

手続き

鹿沼市役所1階  健康課母子健康係13番窓口

注意点

申請は、県の補助を優先していただきます。

  • ただし、県の申請要件には所得制限(夫婦の合計所得が年間730万円未満)、治療内容(体外受精及び顕微授精のみ)、年齢制限(治療開始時妻の年齢が43歳未満)指定医療機関などの条件がありますので、詳しくは県西健康福祉センターまでお問い合わせください。
  • 申請は一連の治療の最終治療日の属する年度の翌年度末まで可能となりました。
    申請がお済みでない方は、手続きをしてください。

Q&A  よくある質問 ・疑問

Q

まずはじめにすることは?

    A

    健康課窓口へお越しください。必要書類をお渡ししながら説明をさせていただきます。

 

Q

どのような治療が対象ですか?

    A

    医師が認めたものであり、保険適用外(自費)の治療であれば全て該当します。

Q

助成を受けるにあたって、期限はありますか?

    A

    助成の申請は、一連の治療の最終治療日の属する年度の翌年度末までです。

 

Q

領収証は原本が必要ですか?

    A

    はい。ただし、その場でコピーをしてお返しいたします。

 

Q

市外へ引っ越しをすることになりましたが、手続きはできますか?

    A

    はい。ただし、申請日に鹿沼市に住民票がある方のみ受け付けます。

    転出することがわかり次第、お早めにご連絡ください。 

 

栃木県不妊専門相談センターのご案内

詳しくは「栃木県不妊専門相談センター」のホームページまで(外部リンク)

 

問合わせ先

健康課母子健康係
電話  0289‐63‐2819(市役所納税課または各コミュニティセンターで無料発行できます)


掲載日 平成28年2月16日 更新日 平成29年11月22日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
保健福祉部 健康課 母子健康係 13番窓口
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館 1階)
電話:
0289-63-2819
FAX:
0289-63-8313
Mail:
(メールフォームが開きます)