このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップライフイベント入園・入学> 保育料のみなし寡婦(夫)控除の適用について

保育料のみなし寡婦(夫)控除の適用について

  平成26年1月から保育料算定において、未婚のひとり親家庭への「みなし寡婦(夫)控除」を適用いたします。対象は、児童が保育園か児童館に入園しているひとり親家庭で、婚姻歴がないため所得税等の寡婦(夫)控除を受けられなかった方となります。
  尚、保育料算定対象者が祖父母等の場合や控除後の税額によっては、保育料が変更にならない場合もあります。

  申請や必要書類等の詳しい内容については、係までお問い合わせください。
 

みなし寡婦(夫)控除の内容  

注意

  1. 保育園か児童館に入所している児童を扶養している事、また、母(父)に婚姻歴が無い事が前提となります。

  2. 既に寡婦(夫)控除を適用されている方は対象となりません。

  3. 祖父母等を含めて算定されている方は、変更にならない場合があります。

  4. みなし算定を行っても階層が変わらない場合は、保育料の変更はありません。

  5. この算定は、保育料のみに適用されるため、税法上の控除は受けられません。

住民税について(前々年の所得)

<母の場合>

  1. 合計所得金額が125万円以下であれば非課税
  2. 合計所得金額が500万円以下であれば30万円の控除
  3. 合計所得金額が500万円を超える場合は26万円の控除

<父の場合>

  1. 合計所得金額が125万円以下であれば非課税
  2. 合計所得金額が500万円以下であれば26万円の控除
  3. 合計所得金額が500万円を超える場合は、控除がありません。

申請方法と必要な書類

  • 係の窓口で申請書の記入をお願いします。
  • 必要な書類は、お客様の状況によって異なりますので、事前に係までご連絡ください。

 


掲載日 平成25年12月24日 更新日 平成29年4月21日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
こども未来部 保育課 子育て認定係 32番窓口
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(新館 3階)
電話:
0289-63-2174
FAX:
0289-63-2119
Mail:
(メールフォームが開きます)