このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップライフイベント病気・けが> 高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種一部助成について

高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種一部助成について

 鹿沼市では対象となる方に、高齢者肺炎球菌ワクチン(23価ニューモバックス)予防接種の一部助成をしています。
助成は、生涯1度だけです。ただし、 過去に23価ニューモバックスの高齢者肺炎球菌ワクチンを接種している人(自費での接種を含む)は助成の対象にはなりません。
対象者は下の表のとおりです。

 
高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種(平成26年10月1日から)

 

 

対象者

 

 

・5年間の経過措置(平成26年10月1日から平成30年度まで

        過去に23価ニューモバックスの高齢者肺炎球菌ワクチンを接種していない人で、以下に該当する人

        (1)今年度に65歳70歳75歳80歳85歳90歳95歳100歳になる人

        (2)接種日に60歳以上65歳未満で、心臓・腎臓・呼吸器の機能、

            免疫機能に障がいがある人(障害者手帳1級該当)

 

・経過措置後(平成31年度から

        接種日に65歳の人のみが対象になります

助成費用

生涯1回のみ、3,500円を助成します

申込み

医療機関で直接ご予約ください

  ※5年間の経過措置について、5年間のみ5歳刻みの年齢で助成しますが、5年後には対象者にはなりません。

  対象者となるのは1回限りです。

  1回のチャンスを逃すと今後助成対象者にはなりませんのでご注意ください。

高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種の助成について

  1. 市内実施医療機関にお問い合わせ(ご予約)のうえ、受診してください。
  2. 接種後、医療機関の窓口で料金(総額から鹿沼市の助成費用を差し引いた残りの金額)をお支払ください。

※市外の医療機関でも契約している病院の場合は、助成が受けられます。詳しくは健康課へお問い合わせください。


※対象者に該当する人で、生活保護を受けている人は全額助成します。

  生活保護法による医療扶助受給資格者証(休日・夜間緊急用)を医療機関に提示してください。

 

※市外の病院・施設に長期入院・入所の方は、健康課までお問い合わせください。 

 

市内委託医療機関

※市内委託医療機関については、pdfこちら(pdf 479 KB)をご覧ください。

 

肺炎球菌感染症について

肺炎球菌感染症とは、肺炎球菌という細菌によって引き起こされる病気です。

この菌は、主に気道の分泌物に含まれ、唾液などを通じて飛沫感染します。日本人の約3%~5%の高齢者では鼻や喉の奥に菌が常在しているとされています。これらの菌が何らかのきっかけで進展することで、気管支炎、肺炎、敗血症などの重い合併症を引き起こすことがあります。特に高齢者での重症化が問題となっています。

 

肺炎球菌ワクチンの効果と副反応

肺炎球菌には93種類の型がありますが、その中でも頻度の高い23種類の型の免疫をつけることができるワクチンです。この23種類の型は成人の重症の肺炎球菌感染症の原因の約7割を占めるという研究結果があります。


掲載日 平成30年6月25日 更新日 平成30年6月26日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
保健福祉部 健康課 健康増進係 12番窓口
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館 1階)
電話:
0289-63-8311
FAX:
0289-63-8313
Mail:
(メールフォームが開きます)