このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

情報連携の本格運用開始について

平成29年11月13日から情報連携の本格運用が始まりました。

マイナンバーによる情報連携の本格運用が、平成29年11月13日から全国一斉に始まりました。これにより、これまで行政の各種事務手続で提出する必要があった書類を省略することができるになります。
pdf省略可能な主な書類の例(平成29年11月13日現在)(pdf 107 KB)
※事務手続きによっては、引き続き添付書類の提出をお願いする場合があります。手続きの際に、各窓口でご確認ください。

情報連携とは

国や地方公共団体等の行政機関等の間で、行政手続きの際に必要となる情報を、情報提供ネットワークシステムを経由して、情報の照会・提供を行う仕組みです。

情報連携の本格運用が開始すると、マイナンバー法に規定された行政手続きについて、必要な情報がほかの行政機関から取得できるため、住民票の写しや所得証明書などの添付書類の提出が不要になります。
pdf情報連携とは(pdf 542 KB)

 

 

マイナ


掲載日 平成29年4月1日 更新日 平成30年1月29日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
総務部 情報管理課
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(新館 2階)
電話:
0289-63-2252
FAX:
0289-60-1001
Mail:
(メールフォームが開きます)