このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ >  くらし・手続き >  税・保険・年金 >  国民健康保険

国民健康保険

国民健康保険
前ページ 1 次ページ
国民健康保険とは 市民部 保険年金課 保険給付係 9番窓口
被保険者証の更新について ※平成29年10月1日からの被保険者証(以下「保険証」といいます。)は、9月19日に郵便で世帯主様あてに発送いたしました。 9月中にお手元に届かない場合は保険給付係までお問い合わせください。 ...
加入と脱退について 市民部 保険年金課 保険給付係 9番窓口
国保は、職場の健康保険(社会保険、共済組合)などとは異なり、 加入するときも脱退するときも、世帯主が届け出をしなければなりません。 国保の加入資格ができる日や脱退する日は次のとおりです。 加入する資格ができたり、なくなったりしたら、14...
保険証の種類と申請について 市民部 保険年金課
特別国民健康保険被保険者証(マル学) 退職者医療制度 保険証の再交付 受付窓口 特別国民健康保険被保険者証(マル学) 国民健康保険法第116条(修学中の学生の住所地特例)の規定の適用を受ける被保険者には、個別の被保険者証を交付す...
国民健康保険税 財務部 税務課 税制係 5番窓口
国民健康保険税とは? 国民健康保険はさまざな場面で医療費の負担を軽くし、みなさんの生活を支えてくれます。こうした医療費の大切な財源となっているのが国保税です。国保税を納めることは、健康な毎日を支えるための投資です。国保税の納付につ...
国民健康保険税Q&A 財務部 税務課 税制係 5番窓口
平成21年1月5日現在 Q1 保険税は毎月払うのですか? Q2 国保税の納税義務者は? Q3 納税通知書が2通届きました Q4 40歳になったら、国保税が高くなりました Q5 65歳になったら、国保税のほかに介...
非自発的失業者の方々への保険税軽減について 市民部 保険年金課
倒産・解雇・雇い止めなどによる離職(非自発的失業者)に対し、平成22年4月から国保税が軽減されます。 国保税は、前年の所得などにより算定されます。軽減は、前年度の給与所得を30/100とみなして行われます。 対象者 平成...
東日本大震災により被災された皆様へ 市民部 保険年金課
東日本大震災・長野県北部地震の被災者の皆様へ 平成23年3月11日に発生した東日本大震災・長野県北部地震の被災者の皆様に加え、福島第一・第二原発の事故に伴い内閣総理大臣の指示により避難又は退避されている方は、保険証なしで医療機関を受診...
退職者医療制度 市民部 保険年金課
退職者医療制度は、会社などを退職して年金を受けている人とその扶養家族の医療費を、社会保険などが出し合う「拠出金」と国保税でまかなう制度です。 退職者医療制度の対象者が届出をしないで、一般の国保のまま医療を受けていると、 国保は「拠出金」が...
標準負担額減額認定 市民部 保険年金課
住民税非課税世帯の方は、「国民健康保険限度額適用・標準負担額減額認定証」を医療機関に提示することによって入院時の食事代が減額され ます。 国民健康保険限度額適用・標準負担額減額認定証の有効期限は、毎年7月末日です。これを更新するには、毎年...
交通事故などと国保 市民部 保険年金課
交通事故など、第三者の行為によって受けたケガなどの治療費は、加害者が全額を負担するのが原則です。 しかし、事故の賠償はすぐに決まりませんので、ケガの治療のために一時的に国民健康保険を使うことができます。 ただし、その治療費(保険給付分)...
高齢受給者の一部負担金の割合の見直しについて 市民部 保険年金課 保険給付係 9番窓口
高齢受給者の一部負担金の割合について 70歳から74歳までの方の窓口での一部負担割合は法律上2割となっていますが、これまでは特例措置により1割負担とされていました。 平成26年度から、より公平な負担とするために、この特例措置が見...
国民健康保険関係の申請書 市民部 保険年金課
保険証に関するもの 健康保険資格喪失証明書 (WORD 22 KB) 保険証受取委任状 (WORD 19 KB) 特定疾病療養受療証交付申請書(pdf 81 KB) 医療給付に関するもの ...
申請により給付されるもの(その1) 市民部 保険年金課 保険給付係 9番窓口
高額療養費 特定疾病 出産育児一時金 葬祭費 受付窓口 (その2)は、ここをクリック! 国保の担当窓口に申請すれば、かかった医療費の一部をあとで払い戻してもらったり、現金の支給を受けられるものがあります。 ただし、法律の規定によって...
申請により給付されるもの(その2) 市民部 保険年金課
診療費 海外療養費 補装具を購入したとき あんま・マッサージを受けたとき はり・きゅう治療を受けたとき 移送費 受付窓口 (その1)は、ここをクリック! 療養費の支給について 次のような時は、申請して認められれば、かかった医療費...
ジェネリック医薬品について 市民部 保険年金課 保険給付係 9番窓口
[ジェネリック医薬品の利用と普及にご協力をお願いいたします] 「ジェネリック医薬品」とは? 医療用医薬品には、新しく開発・販売される「先発医薬品(新薬)」と、先発医薬品の特許が切れた後に他の医薬品メーカーが同...
特定健康診査・特定保健指導を受けましょう! 市民部 保険年金課 保険給付係 9番窓口
特定健診・特定保健指導を受診しましょう! 特定健診は、生活習慣病の原因の一つであるメタボリックシンドローム(以下メタボ)を早期に発見するため実施されています。 メタボとは内臓脂肪型肥満に加え、高血圧、脂質異常、高血糖のうち2...
人間ドック検診事業 市民部 保険年金課 保険給付係 9番窓口
医療の原則は早期発見・早期治療ですが、さらに進んで最善の対策は早期にその可能性を発見して予防することにあります。 普段お忙しい生活のため、心身を酷使されている人ほど、時間に追われて健康を無視しがちなものです。 そこで、疾病を早期に発見す...
歯科ドック 市民部 保険年金課 保険給付係 9番窓口
「8020運動」をご存知でしょうか。これは、80歳になっても自分の歯を20本以上持ち、豊かな食生活を送れるように、お口の健康を管理する取り組みです。 歯やお口の中の状態は、健康と密接な関係にあるといわれています。体調が悪くなると免...
脳ドック検診事業 市民部 保険年金課 保険給付係 9番窓口
脳ドックは1988年頃から日本で始まり、保健衛生上の重大な関心事である「脳卒中」予防の期待とともに、現在は広く普及しています。 脳ドックは、画像検査を中心にした一連の検査によって、自覚症状のない脳血管疾患あるいはその危険因子を早期に発見し...
前ページ 1 次ページ