このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップくらし・手続き税・保険・年金国民健康保険> 高齢受給者の一部負担金の割合の見直しについて

高齢受給者の一部負担金の割合の見直しについて

高齢受給者の一部負担金の割合について

70歳から74歳までの方の窓口での一部負担割合は法律上2割となっていますが、これまでは特例措置により1割負担とされていました。

平成26年度から、より公平な負担とするために、この特例措置が見直されることになりました。

見直しの内容

平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える方

(誕生日が昭和19年4月2日以降の方)

  • 70歳の誕生月の翌月(ただし各月1日が誕生日の方はその月)の診療から、窓口負担の割合が2割になります。

(例)  平成26年4月2日から同年5月1日までの間に70歳の誕生日を迎える方は、平成26年5月の診療から窓口負担の割合が2割になります。

※  一定の所得がある方は、これまで通り3割負担となります。

 

平成26年4月1日までに70歳の誕生日を迎える方

(誕生日が昭和19年4月1日までの方)

  • 平成26年4月以降も医療費の窓口負担割合は1割のまま変わりません。

平成26年3月2日から同年4月1日までの間に70歳の誕生日を迎えた方は、これまでの3割負担から1割負担になります。

※  一定の所得がある方は、これまで通り3割負担となります。

 

見直しの内容について、詳しくは「厚生労働省」のホームページをご覧ください。


掲載日 平成26年3月28日 更新日 平成28年10月21日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
市民部 保険年金課 保険給付係 9番窓口
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館 1階)
電話:
0289-63-2166
FAX:
0289-63-2206
Mail:
(メールフォームが開きます)