このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

家庭での省エネ

  エネルギー消費量の増大や地球温暖化にストップをかけるためには、一人ひとりが問題意識を持ち、省エネを実行することが大切です。一人では省エネ効果が少ないように思えますが、全世帯で省エネすれば、大きな効果が得られます。

生活の省エネルギー

  自分のライフスタイルに合った省エネを見つけ、1つずつでも実践してみましょう!

家庭でできる省エネルギー対策

  • 人のいない部屋は消灯しましょう。
  • テレビをつけっぱなしにしたまま、他の用事をしないようにしましょう。
  • 使わない電気製品は、コンセントからプラグを抜きましょう。
  • 給湯温度はなるべく低温に設定しましょう。
  • 入浴時はお湯やシャワーの使いすぎに注意しましょう。
  • 温水洗浄便座の設定温度は低めにしましょう。
  • 暖房便座を使用している場合は、ふたを閉めましょう。
  • 外出時は、できるだけバスや電車などの公共交通機関を利用し、車に乗る時相乗りで移動しましょう。

  このほかにもたくさんの省エネのヒントが紹介されています。ぜひ参考にして、省エネ&家計の節約にチャレンジしてみましょう。

  家庭の省エネ徹底ガイド(資源エネルギー庁へリンク)

  家庭の省エネ大事典(省エネルギーセンターへリンク)

  エコドライブ10のすすめ(エコドライブ普及推進協議会へリンク) 

  夏季の節電メニュー(ご家庭の皆様)(資源エネルギー庁へリンク)

  かぬまの環境情報紙も参考にご覧ください!!

 

  家電製品等の買い替え時に、エネルギー消費効率の良い機器を選ぶことも、省エネになります。

  省エネ性能カタログ2015年夏版(資源エネルギー庁へリンク)

  省エネ情報(資源エネルギー庁へリンク)


掲載日 平成22年9月13日 更新日 平成28年10月4日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
環境部 環境課 環境政策係
住所:
〒322-0045 栃木県鹿沼市上殿町695-7(環境クリーンセンター)
電話:
0289-64-3194,0289-64-3276
FAX:
0289-65-5766
Mail:
(メールフォームが開きます)