このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップくらし・手続き上下水道下水道> 地域再生計画(汚水処理施設整備交付金)の事後評価

地域再生計画(汚水処理施設整備交付金)の事後評価

地域再生計画及び事後評価の結果を公表します。

地域再生計画の認定

鹿沼市では、平成17年度に地域再生法に基づく地域再生計画を定め、地域基盤強化交付金(汚水処理施設整備交付金)の交付により、汚水処理施設の整備を進めてきました。また、平成22年度からは『第2次鹿沼市「水のふるさと」再生計画(事業期間:平成22年度~平成26年度)』を定め汚水処理施設の整備を進めていました。前計画(第2次鹿沼市「水のふるさと」再生計画)は平成26年度末をもって事業期間が終了を迎えることになりましたので、平成27年度からは、『鹿沼市「清流のふるさと」再生計画(事業期間:平成27年度~平成31年度)』を定め、平成27年3月27日付で認定を受けました。

 PDF鹿沼市「清流のふるさと」再生計画(PDF 170 KB)

PDF 整備する施設の整備区域又は整備個所を示した図面(PDF 1.07 MB)

地域再生計画(汚水処理施設整備交付金)の事後評価

鹿沼市では、平成22年度に地域再生法に基づく地域再生計画を定め、地域基盤強化交付金(汚水処理施設整備交付金)の交付を受け、汚水処理施設の整備を進めてきました。平成26年度末をもって、地域再生計画の事業期間が終了しましたので、数値目標に照らし状況を調査・評価し、公表します。

鹿沼市地域再生計画の概要

地域再生計画の名称鹿沼市「水のふるさと」再生計画

PDF第2次鹿沼市「水のふるさと」再生計画(PDF 111 KB)

事業主体

鹿沼市

事業概要

  近年、生活様式の変化により、水質に悪影響を及ぼす生活雑排水が未処理のまま河川に流入するようになり、かつての清流の面影を失いつつあります。また、生活排水を処理するための施策として、公共下水道事業、農業集落排水事業及び浄化槽設置整備事業等を展開し、水質保全を図ってきましたが、未だ十分とはいえない状況です。このため公共下水道等汚水処理施設整備を一層促進し、快適な生活環境の創出や河川をはじめとする公共用水域の水質の向上を図りながら、市民協働による河川環境保全活動のさらなる推進に努め、市民だけでなく下流域の人々も水の恵みを安心して享受できる清く潤い豊かな「水のふるさと」鹿沼市の再生を目指します。

※目標汚水処理施設の整備の促進

(汚水処理人口普及率を77.5%から81.6%に向上)

事業期間

平成22年度から平成26年度

目標達成のために行う事業(支援を受けて実施する事業)

  汚水処理施設整備交付金を活用し、公共下水道事業、浄化槽市町村整備推進事業(市町村設置型)及び浄化槽設置整備事業(個人設置型)の汚水処理施設整備を進める。

事後評価及び今後の方策

  事業の成果として、平成26年度末現在で、汚水処理人口普及率の目標数値81.6%に対し、実績が84.6%で目標を上回ることができました。

  今後は新たに認定された、第2次鹿沼市「水のふるさと」再生計画により、公共下水道整備と、浄化槽設置整備を進め、さらなる汚水処理人口普及率の向上を目指します。

PDF地域再生計画事後評価シート(PDF 59 KB)

PDF汚水処理施設整備交付金による施設整備の整備個所図(PDF 1.07 MB)
 

草刈りの写真


掲載日 平成22年11月16日 更新日 平成28年9月17日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
環境部 下水道課 管理係
住所:
〒322-0045 栃木県鹿沼市上殿町673-1(下水道事務所)
電話:
0289-65-3241
FAX:
0289-63-0194
Mail:
(メールフォームが開きます)