このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ福祉・健康健康食と健康> 一日3食3つの器

一日3食3つの器

料理の組み合わせってどうしたらいいの?

1日3食3つの器をそろえましょう!
バランスのとれた食事とは「主食」「主菜」「副菜」の3つが揃った食事のことをいいます。いろいろな食材を使って、朝・昼・夕の三食バランスの良い食事を心がけましょう!

主食・主菜・副菜ってなぁに??

「主食」

ご飯、パン、麺類などを いいます。熱や力のもとになります。

「主菜」

肉、魚、卵、大豆製品を中心としたおかずを いいます。筋肉や血液などをつくる食べ物です。

「副菜」

野菜を中心としたおかずを いいます。体の調子を整える働きがあります。
便秘を予防したり、風邪を予防する働き、そして食べたものを栄養として吸収する手助けなどさまざまな働きがある食べ物です。

レシピを見てみよう!

市民の皆様より紹介いただいた簡単レシピです!ご家庭で簡単にでき、バランスのとれた料理です。ぜひ、我が家の一品に加えてくださいネ!!

 


掲載日 平成22年10月14日 更新日 平成29年1月20日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
保健福祉部 健康課 市民健康係 11番窓口
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館 1階)
電話:
0289-63-8312
FAX:
0289-63-8313
Mail:
(メールフォームが開きます)