このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ福祉・健康人権・男女共同参画人権> 「学校等における体罰問題に関するメッセージ」を発信しました

「学校等における体罰問題に関するメッセージ」を発信しました

  平成24年大阪市において、部活動中の体罰が背景にある高校生の自殺事案が発生し、学校における体罰問題について、大きな社会的な関心の高まりをみせました。

  体罰は学校教育法で明確に禁止されており、いかなる場合も許されないものであるにもかかわらず、教職員による体罰事案が後をたたない状況は、大変憂慮すべき問題です。このような状況を踏まえ、全国人権擁護委員連合会では、25年7月19日の総会において特別決議を行い、国民の皆さんに次のとおりメッセージを発信しましたので、お知らせします。

 

PDF「学校等における体罰問題に関するメッセージ」(PDF 54 KB)

 

※いじめや体罰、そのほかの人権に関する相談は、人権擁護委員にご相談ください。

相談窓口は「人権問題はひとりで悩まず相談を」のページをご覧ください。


掲載日 平成25年8月20日 更新日 平成28年10月26日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
市民部 人権推進課 人権推進係 20番窓口
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(新館 2階)
電話:
0289-63-8351
FAX:
0289-60-1001
Mail:
(メールフォームが開きます)