このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ福祉・健康人権・男女共同参画人権> 12月の人権啓発推進市民運動強調週間における啓発活動

12月の人権啓発推進市民運動強調週間における啓発活動

 

12月4日から12月10日の「人権週間」には、全国一斉に人権尊重思想の普及高揚をねらいとした様々な活動が展開されましたが、市でも、この期間を「人権啓発推進市民運動強調週間」と定め、人権が尊重される明るい社会を目指して、重点的に啓発活動を実施しました。

人権を考える市民のつどいを開催

市民一人一人が人権について理解を深め、一日も早く人権問題の解決が図られるよう「人権を考える市民のつどい」を、12月4日(日曜日)に鹿沼市民文化センターで開催しました。

人権啓発標語入賞作品表彰式

第1部では、7月から9月にかけて募集した2,713点の標語の中から選ばれた「人権啓発標語入賞作品」の表彰式が行われ、13人の入賞者に、市から表彰状と記念品が手渡されました。
入賞者はこちらhttp://www.city.kanuma.tochigi.jp/0171/info-0000001295-0.html

人権講演会

第2部では、ラジオパーソナリティーのサニー・フランシスさんを講師にお迎えし、『サニーフランシスの爆笑辛口メッセージ~日本人のちょっとここがヘン~』と題して講演会を実施しました。
サニーさんは、1986年に来日、YMCAで日本語を学ばれ、その後専門学校で映像の知識を習得され、卒業と同時にプロダクションに所属されました。現在は、ラジオ・テレビ業界で活躍中ですが、日本に来た当初は大変苦労されたそうです。アパート探しの際は話をする前から断られ、なかなか住む所が決まらなかったことや、インド人は誰でもカレーを作れる等日本人の勝手な思い込みで苦労した話など面白おかしく話をされ、会場を沸かせていました。一方で、インドにおいても人権が守られていない状況もあり、改めて日本の良さを知ることができたとても良い講演会となりました。
人権講演会のようす講師:サニー・フランシスさん

街頭啓発の実施

平成28年12月11日(日曜日)に、市内の大規模販売店6か所において街頭啓発を実施しました。

鹿沼市人権啓発推進市民会議および宇都宮人権擁護委員協議会鹿沼部会、南部地区連絡会議のみなさん総勢61名で、啓発チラシ及び標語入り啓発物資を配布しました。市民約2,300人に配布し、人権の大切さを呼びかけました。

また、広報車2台により、市内の人口密集地域及び6か所の街頭啓発会場を巡回して啓発を行いました。
DSCN0517

人権なんでも相談所を開設 

12月8日(木曜日)午前10時から午後3時まで、人権擁護委員による特設人権なんでも相談所を市役所で開設し、人権相談を実施しました。
特設人権なんでも相談所開設のお知らせは、広報かぬま11月号に掲載して周知したほか、11月21日(土曜日)に開催されたふる里あわの秋まつりの会場において、人権擁護委員が人権なんでも相談所開設のチラシと啓発物資を配り、会場に訪れた人々に丁寧に説明して周知しました。
001



 

 


掲載日 平成28年12月16日 更新日 平成28年12月20日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
市民部 人権推進課 人権推進係 20番窓口
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(新館 2階)
電話:
0289-63-8351
FAX:
0289-60-1001
Mail:
(メールフォームが開きます)