このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ子育て・教育子育て子育て支援> 第3子以降子育て家庭支援給付金事業

第3子以降子育て家庭支援給付金事業

第3子以降の児童がいる世帯に、子育て家庭支援給付金を支給します。

※第3子対策事業の見直しにより、平成22年度に生まれたお子さんが、小学校に入学する年度をもって事業が廃止となります。  

 

第3子以降子育て家庭支援給付金

支給対象児童

平成23年4月1日までに出生※した児童

(18歳に達する日以後の最初の3月31日までの者)が3人以上いる世帯の第3子以降の児童

  ※他市からの転入の場合は、平成23年3月31日までに鹿沼市に転入届をした世帯

給付金の種類

第3子家庭給付金

第3子就学給付金

支給内容

  支給対象児童を持つ保護者(支給対象者)が前年度に納付した市民税に相当する額を、当該児童の出生(転入)年度の翌年度から小学校入学年度まで支給する。

  支給対象児童の小学校入学年度に支給する。

支給対象者

  • 児童を3人以上監護する父母のうち支給対象児童を税法上の扶養控除の対象にしているいずれかの者
  • 父母とも支給対象児童を税法上の扶養控除の対象にしていない場合や、支給対象児童が2人以上あり父母が児童を1人ずつ控除の対象にしている場合は、総所得金額の多い方の者
  • 父母がいない場合は、支給対象児童を監護する祖父母等の保護者

支給金額

支給対象者が前年度に本市に納入した市民税に相当する額(上限10万円/年)

 

※支給対象児童が1人の場合も複数の場合も同額

※転入者の場合、転入後に本市に納入した市民税相当額

  支給対象児童1人につき、下記の上限額から入学年度(入学年度含む)までに支給された第3子家庭給付金を差し引いた金額

 

平成22年度以降100万円

支給条件

  • 地方税法上の申告をしていること
  • 市税、保育園又は児童館の保育料等に滞納がないこと
  • 支給対象者が支給対象児童と同居し、給付金の支給申請時から支給時まで継続して本市に住所を有すること
  • 生活保護を受けていないこと
  • 地方税法上の申告をしていること
  • 市税、保育園又は児童館の保育料等に滞納がないこと
  • 支給対象者及び支給対象児童とも、入学年度の4月1日の2年以上前から支給時まで継続して同居し、かつ、本市に住所を有すること
  • 支給対象者又はその配偶者のどちらかは労働していること(ただし、労働時間又は労働能力がない場合を除く)
  • 生活保護を受けていないこと

支給申請

  • 申請期日:4月1日~12月28日までにこども支援課、又は各コミュニティセンターに申請書を提出

(ただし、翌年度の12月28日までの申請を認める)

   ※12月28日が土曜日・日曜日に当たる場合は、その前の平日まで。

  • 添付書類:市税等の滞納状況確認同意書

支給期日

  • 4~8月までの申請→申請のあった年度の10月中旬に支給不支給決定通知→10月末口座振込みにより支給
  • 9~12月までの申請→申請のあった年度の3月中旬に支給不支給決定通知→3月末口座振込みにより支給

その他

この給付金は、所得税法上、確定申告、または住民税の申告が必要となります

問い合わせ先

子育て支援課  こども支援係    電話  63-2160

 


掲載日 平成22年11月4日 更新日 平成28年10月25日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
こども未来部 子育て支援課 こども支援係 31番窓口
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(新館 3階)
電話:
0289-63-2160
FAX:
0289-63-2119
Mail:
(メールフォームが開きます)