このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ子育て・教育幼稚園・保育園等保育園・児童館> 保育園の保育料について

保育園の保育料について

利用者負担額(保育料)とは

子どものための教育・保育に必要な費用の一部を保護者に負担していただくものです。

負担額は、国が定める基準により、世帯の所得状況に応じた応能負担を基本としておりますが、国の基準から減額した部分については、鹿沼市が負担しております。これは、市の保育料が最高額の場合であっても、すべての保育料に市の負担があります。

実際に保護者が負担する保育料は「鹿沼市利用者負担額(保育料)表」(下記金額表参照)のとおりとなります。

平成29年度利用者負担額(保育料)の決定について

平成29年度の保育料は、4月から8月までが平成28年度の市町村民税額、9月から翌年3月までが平成29年度の市町村民税額により決まります。

原則は父母のみの課税額で算定しますが、祖父母の収入で生計が成り立っているなどの場合は、その方の課税額を含めて算定されることがあります。

※市町村民税は、調整控除以外の税額控除適用前の税額となります。

※平成22年税制改正により年少扶養控除及び16歳から18歳までの特定扶養控除の上乗せ部分の廃止が行われましたが、鹿沼市では、3人以上(国の基準が2人扶養であるため。)を扶養する世帯に対して廃止による影響が生じないよう対応いたします。

※平成26年1月から未婚により市町村民税の寡婦(夫)控除を受けられなかった方に対して、みなし適用により保育料を算定いたします。控除には申請が必要となりますので、係までお問い合わせください。

保育料の減額・免除について

  1. 1号認定は、小学校3年以下の兄姉から数えて、2番目が半額、3番目以降が無料となります。ただし第2~7階層に該当する場合は、「小学校3年生以下」の条件が撤廃され、第1子の年齢にかかわらず兄姉を数えます。また、第2階層に該当する第2子は無料となります。
  2. 2号・3号認定は、次の施設に入所(入園)、または保育・支援を受ける就学前の兄姉から数えて、2番目が半額、3番目以降が無料となります。ただし、市町村民税所得割課税額が57,700円未満の場合は、「次の施設に入所(入園)、または保育・支援を受ける就学前」の条件が撤廃され、第1子の年齢にかかわらず兄姉を数えます。また、第2階層に該当する第2子は無料となります。
    (1)幼稚園   (2)特別支援学校幼稚部   (3)保育所   (4)情緒障がい児短期治療施設   (5)認定こども園(6)特例保育、家庭的保育事業等による保育   (7)児童発達支援、医療型児童発達支援
  3. 18歳未満(18歳に達した最初の3月31日まで)の児童を3人以上養育している場合、その3人目以降の児童は、申請に基づき保育料が無料となります。
     
  4. 次に該当する世帯で、1号認定は第2・第3階層、2号・3号認定は第2階層に該当する場合、保育料が無料となります。また、第2~7階層のうち、第2子以降の児童は保育料が無料となります。この場合、第1子の年齢にかかわらず兄姉を数えます。また、第1子で1号認定は第4~7階層、2号・3号認定は第3~5階層に該当する場合、第2階層と同額となります。(下記金額表参照)
    1. 母子および父子世帯
    2. 在宅障がい児(者)のいる世帯のうち次に掲げる児童(者)を有する場合
      ア 身体障害者手帳の交付を受けた者
      イ 療育手帳の交付を受けた者
      ウ 精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けた者
      エ 特別児童扶養手当の対象児
      オ 国民年金の障がい基礎年金等の受給者 
    3. 生活保護法に定める要保護世帯等特に困窮していると市長が認めた世帯

保育料の納入期日  ※民間保育園及び鹿沼市の公立保育所のみ

民間保育園及び鹿沼市の公立保育所のみとなります。認定こども園や新制度に移行した幼稚園、鹿沼市以外の公立保育所、小規模保育事業等については、園の指定する期日までに園へ納入してください。

  1. 毎月末日が当該月分の納入期限(口座振替日)です。​​
    • 末日が金融機関の休業日にあたる時は、翌営業日となります。
    • 12月分は、12月28日(28日が休日にあたる時は、翌年1月の業務開始日)が納入期限(口座振替日)になります。
  2. 口座振替利用者は、前日までに振替口座の残高確認をお願いいたします。
  3. 納入期限後20日を経過しますと、督促手数料及び延滞金がかかりますので、ご注意下さい。
平成29年度鹿沼市 利用者負担額(保育料)表  (月額)
階層
区分
定義 利用者負担額(月額)
1号認定 2号認定 3号認定
標準時間 短時間 標準時間 短時間
3歳以上児 3歳児 4歳以上児 3歳児 4歳以上児 3歳未満児
1 生活保護
世帯等
0 0 0 0 0 0 0
2 市町村民税
非課税世帯
1,200 2,000 2,000 2,000 2,000 3,000 3,000
3 市町村民税
所得割
非課税世帯
2,000 6,000 6,000 6,000 6,000 8,000 7,800
4 市町村民税所得割課税世帯 39,600 円未満 4,300円 6,000 6,000 6,000 6,000 8,000 7,800
5 39,600 円以上
48,600 円未満
6,300円 8,000 8,000 8,000 8,000 11,000 10,800
6 48,600 円以上
61,800 円未満
8,200円 11,000 11,000 10,800 10,800 14,000 13,700
7 61,800 円以上
77,200 円未満
9,900円 16,000 16,000 15,700 15,700 20,000 19,600
8 77,200 円以上
97,000 円未満
13,600 18,000 18,000 17,600 17,600 23,000 22,600
9 97,000 円以上
112,000 円未満
15,800 22,000 22,000 21,600 21,600 27,000 26,500
10 112,000 円以上
133,700 円未満
15,800 25,000 23,000 24,500 22,600 30,000 29,400
11 133,700 円以上
169,000 円未満
15,800 25,000 23,000 24,500 22,600 35,000 34,400
12 169,000 円以上
211,300 円未満
15,800 28,000 25,000 27,500 24,500 38,000 37,300
13 211,300 円以上
301,000 円未満
18,000 30,000 26,000 29,400 25,500 40,000 39,300
14 301,000 円以上
397,000 円未満
20,300 32,000 27,000 31,400 26,500 45,000 44,200
15 397,000 円以上 20,300 33,000 28,000 32,400 27,500 49,000 48,100

<表の見方と用語説明>              
  • 児童年齢は、平成29年4月1日現在で算定します。(年度途中で年齢が変わっても変更にはなりません。また満3歳に達し2号認定に切り替わった場合でも、年度内は3号認定の額となります。)
  • 1号認定とは、満3歳以上の教育標準時間認定を受けた子ども。(利用施設は、認定こども園・新制度に移行した幼稚園)
  • 2号認定とは、満3歳以上の保育認定を受けた子ども。(利用施設は、認定こども園・保育所)
  • 3号認定とは、満3歳未満保育認定を受けた子ども。(利用施設は、認定こども園・保育所・小規模保育事業所等)
  • 標準時間とは、施設を1日最長11時間まで利用する保育標準時間認定を受けた子ども。
  • 短時間とは、施設を1日最長8時間まで利用する保育短時間認定を受けた子ども。
  • 市町村民税所得割課税額は、調整控除以外の税額控除(配当控除、住宅借入金等特別控除等)を適用しない父母(父母の収入額によっては祖父母等を含む)の合計額となります。  
<備考>              
  1. この保育料とは別に、園によっては給食費や通園バス代などの実費徴収等がある場合もあります。
  2. 新制度に移行しない私立幼稚園の保育料は、現行どおり園が定めます。

 


掲載日 平成22年10月7日 更新日 平成29年5月25日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
こども未来部 保育課 子育て認定係 32番窓口
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(新館 3階)
電話:
0289-63-2174
FAX:
0289-63-2119
Mail:
(メールフォームが開きます)