このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ防災・安全防災対策災害への備え> 自主防災会を設立しましょう

自主防災会を設立しましょう

自分たちのまちは自分たちで守る

  もし、私たちのまちに大災害が発生したら電話の不通、道路事情の悪化、火災の延焼などにより都市機能は分断され、市区町村や防災機関による消火活動、救出救護などの防災活動が十分に果たせなくなることが考えられます。地域には災害時要援護者となる高齢者、身体機能障がい者、介助の必要な人々もたくさん住んでいます。
  平成7年1月に発生した「阪神淡路大震災」では、交通や通信機能等が混乱し、行政による救助や消防活動は著しく低下してしまいました。このため、人命救助や初期消火活動のほとんどが、家族隣人などの地域の力によって行われました。この大災害を通じて、「地域防災力」が重要であることを学びました。
  「自分たちのまちは自分たちで守る」という強い意識を持って地域防災活動に取り組んでいきましょう。

自主防災会を設立しましょう

  「自主防災会」とは、災害時の被害を軽減させるため住民個人を直接的間接的に支える地域における基盤組織です。
  家庭における日頃の備えや、いざというときの心構えとともに、近所の人たちと協力しあい、地域の防災活動を効果的に行うための組織です。
  鹿沼市では、自治会組織を活用した自主防災会の設立を促進しています。設立までには、会の規約や自主防災計画など組織作りを支援し、設立後には防災資機材の支給等を行っています。
  あなたの自治会でも自主防災会を設立し、災害に強いまちづくり災害に強いひとづくりを目指しましょう。

  

下田町1丁目町自主防災会の倉庫写真  下田町1丁目町自主防災会、東町自主防災会、幸町1丁目自主防災会、栄町2丁目自主防災会、三幸町自主防災会は、(財)自治総合センターの平成26年コミュニティ助成事業「地域防災組織育成助成事業」により防災資機材の整備を行いました。
これは、宝くじの社会貢献広報事業として助成されるもので、防災資機材保管庫、災害救助工具、投光器、リヤカーなどが整備されました。
  5つの自主防災会では、今回整備された、資機材を活用して防災訓練を行うなど、積極的な防災活動を行っております。

  

 

 

自主防災会の設立状況

  平成24年4月現在、鹿沼市の「自主防災会」は75組織あり、市全体の世帯数からみた設立率は約 75パーセントです。

番号 自主防災会名  設立年月 
1 戸張町自主防災会  S52年8月 
2 千手町自主防災会  S56年2月 
3 寺町自主防災会  S57年3月 
4 貝島町自主防災会  S58年3月 
5 下田町2丁目自主防災会  S59年3月 
6 蓬莱町自主防災会  S60年3月 
7 坂田山自主防災会  S61年3月 
8 朝日町自主防災会  S62年3月 
9 鳥居跡町自主防災会  S63年3月 
10 上材木町自主防災会  H1年2月 
11 末広町自主防災会  H1年10月 
12 下田町1丁目自主防災会  H3年3月 
13 西鹿沼町自主防災会  H4年2月 
14 万町自主防災会  H5年3月 
15 府中町自主防災会  H6年3月 
16 上野町自主防災会  H7年3月 
17 今宮町自主防災会  H8年6月 
18 西茂呂自主防災会  H9年8月 
19 御成橋町自主防災会  H11年3月 
20 玉田町自主防災会  H11年3月 
21 久保町銀座自主防災会  H12年2月 
22 東町自主防災会  H12年2月
23 泉町自主防災会 H12年2月 
24 麻苧町自主防災会  H13年1月 
25 下材木町自主防災会  H13年1月 
26 幸町1丁目自主防災会  H13年1月 
27 幸町2丁目自主防災会  H13年1月 
28 東末広町自主防災会  H14年2月 
29 上田町自主防災会  H14年2月 
30 府所町自主防災会  H14年2月 
31 緑町自主防災会  H15年1月 
32 三幸町自主防災会  H15年1月 
33 府所本町自主防災会  H15年1月 
34 睦町自主防災会  H16年1月 
35 亀和田町自主防災会  H16年1月 
36 千渡自主防災会  H16年1月 
37 下武子城山自主防災会  H17年2月 
38 日吉町自主防災会  H17年2月 
39 白桑田自主防災会  H17年12月 
40 富岡自主防災会  H17年12月 
41 野沢町自主防災会  H18年1月 
42 晃望台自主防災会  H18年1月 
43 中田町自主防災会  H18年2月 
44 上殿町自主防災会  H18年4月 
45 栄町1丁目自主防災会  H18年8月 
46 栄町2丁目自主防災会  H18年9月 
47 高谷古賀志町自主防災会  H18年11月 
48 下石川自主防災会  H18年11月 
49 上日向自主防災会 H18年11月 
50 樅山町自主防災会  H19年3月 
51 仁神堂町自主防災会  H19年9月 
52 北赤塚町自主防災会  H19年10月 
53 下横町自主防災会 H19年12月
54 栄町3丁目自主防災会  H19年12月 
55 池ノ森自主防災会  H19年12月 
56 引田自主防災会  H19年12月 
57 西沢町2区自主防災会  H20年6月 
58 上南摩町自主防災会  H20年6月 
59 深程自主防災会    H20年9月 
60 松原自主防災会 H20年10月 
61 みなみ町自主防災会 H20年11月 
62 武子ニュータウン自主防災会 H20年12月 
63 中粕尾自主防災会 H21年1月 
64 上粕尾自主防災会 H21年1月 
65 栃窪自主防災会 H21年11月
66 藤江自主防災会 H21年11月
67 見野自主防災会 H21年11月
68 北半田自主防災会 H21年11月
69 板荷2区自主防災会 H22年9月
70 板荷5区自主防災会 H22年9月
71 久野自主防災会 H22年9月
72 野尻自主防災会 H22年9月
73 板荷1区自主防災会 H24年3月
74 板荷4区自主防災会 H24年3月
75 下久我自主防災会 H24年3月
76 下南摩町自主防災会 H25年1月
77 旭ヶ丘自主防災会 H25年1月
78 西大芦第1自主防災会 H25年2月
79 西大芦第2自主防災会 H25年2月
80 下遠部自主防災会 H25年9月
81 佐目町自主防災会 H25年11月

 

自主防災会への支援

  鹿沼市では、自主防災会の組織作りのため、会の規約や自主防災計画などを作成する支援を行っています。

  自主防災会が設立された後には、鹿沼市自主防災資機材等支給事業、コミュニティ助成事業(自主防災組織育成助成事業)により、防災資機材の支給等を行っています。また、出前講座や防災研修、防災訓練への参加等により自主防災会の活動への支援を行い、自主防災会のリーダーや会員の育成を図っています。

自主防災会の活動

  自主防災会として、いざというときにスムーズに活動するためには、日頃からの活動をどのようにしていくかが大切となります。活動内容の例は以下のとおりです。

平常時

  1. 防災知識の普及
  2. 防災訓練の実施
  3. 地域内の防災点検
  4. 防災資機材の整備
  5. 災害時要援護者とのかかわり

災害時

  1. 各班の連絡調整等
  2. 情報の収集伝達
  3. 消火器等による消化
  4. 住民の避難誘導
  5. 負傷者の救出救護
  6. 給食給水活動

平常時の活動

防災知識の普及

  防災活動上で必要な情報を地域住民に広めていくことが大切です。防災知識を浸透させていく方法はたくさんあります。

  1. 学習会や講演会の開催
      学習会は、住民相互の防災意識、防災知識を深めるために有効な手段です。例えば、「家庭でできる防災対策」「災害時に隣近所で助け合えること」といったテーマを設定し、みなさんで意見交換を行えば、一人では気づかなかったようなことが学べるでしょう。また、終了後にまとめを作成して記録しておけば、いつでも振り返ることができます。
      講演会は、企画内容を狭い範囲に限定せず、いろいろな講演者に依頼してみましょう。市職員や消防士だけでなく、近所の医師や大工、大災害の経験者など様々な分野の方から講演していただくことで、違う視点からの防災対策が学べます。
  2. 広報紙の発行
      広報紙は、住民に対する最も有効なPRとなります。学習会や各種訓練のように実際に出向く必要もなく、いつでも手軽に読めるものだからです。
      新しく広報紙を作成しなくても、自治会の広報誌等の一部に防災に関するコーナーを設けるのも一つの手段です。
      内容としては、市町村や他地域の防災関連情報も大切ですが、地域の身近な話題も取り入れて、親しみを持って読んでもらえるようにしてみるのも良いでしょう。

防災訓練の実施

  防災訓練は、災害時に的確な対応をとるために欠かせないものです。訓練の種類としては、初期消火訓練、避難誘導訓練や炊き出し訓練などです。地域でのイベントに合わせて実施するなど、工夫して参加者全員が楽しみながら行えるようにするのも一つの方法です。

泉町自主防災会の防災訓練の様子


泉町自主防災会は毎年防災訓練を実施しています。



 

地域内の防災点検

  大地震等が発生した場合、被害の発生又は拡大の原因となるものが数多くあると考えられます。日頃から、その点検を行い、さらには防災マップ等を会員みんなで作成すれば、住んでいる地域をよく知る機会を提供すると同時に、活動指針を検討したり、災害時の対応を考える重要な手がかりになります。
点検箇所の例として、以下のようなものがあります。

家庭内の点検箇所

  • 消火器などの消火用品
  • 灯油タンクやガスボンベの設置状態
  • ガス器具や石油器具
  • ブロック塀や石垣
  • 屋根やアンテナ

地域内の点検箇所

  • 商店の看板や自動販売機の設置状況
  • 崖や河川の状態
  • 交通渋滞箇所
  • 路上駐車の多い場所
  • 危険物を取り扱う施設の場所(工場など)

防災資機材の整備

  非常時に活動する際、なくてはならないのが各種の防災資機材です。
  一度にそろえることができなくても、地域の実情に応じて少しずつ整備しておきましょう。鹿沼市では設立する組織に対して、世帯数に応じた防災資機材整備の支援を行っています。

災害時要援護者とのかかわり

災害時要援護者とは

  傷病者、身体障がい者、精神障がい者をはじめ、乳幼児や高齢者、外国人など自分の身に危険が差し迫った場合、それを察知する能力、危険を知らせる情報を受け取る能力、そうした危険に対して適切な行動を取る能力の面で、ハンディキャップを持つ人々を総称する概念です。

地域の援助体制を具体的に決める

  地域内の災害時要援護者に対する援助体制を具体的に決めておきましょう。特に避難誘導と安否確認体制を確立しておくことが重要です。

注意すること
  • 一人の災害時要援護者に対して、複数の住民で援助体制を組みましょう。
  • 具体的な活動手順を決め、日頃から災害時要援護者と一緒に訓練しましょう。

災害時の活動

  災害時に円滑な活動を行うためには、会員を班分けして「誰が何をするのか」を明確にしておくことが大切です。
  以下は役割分担の一例ですので、地域の実情に合わせて班を編成しましょう。
  災害時の活動を念頭に、平常時から準備をしておきましょう。

 

役割分担の一例
役割(班)  災害時の活動  平常時の活動 
各班の連絡調整等
(総務班) 
  • 会長等を補佐する
  • 各班や防災機関と連絡調整 する
  • 災害に伴う庶務経理を行う 
  • 災害に関する正しい知識の普及に努める
  • 映画会講習会を開催する
  • 地域内の防災マップを作成し、防災意識の高揚を図る 
情報の収集伝達
(情報班) 
  • 地域内の被害状況を把握する
  • 災害情報を収集整理する
  • 必要な情報を住民に伝達する
  • 簡潔明瞭に情報を伝達する
初期消火
(消火班) 
  • 出火防止に努める
  • 地域内の火災には、消火器使用やバケツリレーにより初期消火を行う
  • 消防機関に協力する 
  • 各家庭での消火器の配備、火気器具等の点検整備を徹底する
  • 消火器の使い方、バケツリレー等の消火活動を訓練する
  • 消火用水の確保や消火栓位置の確認をする 
住民の避難誘導
(避難誘導班) 
  • 火災の延焼等、生命に危険が生じる恐れがあるときは避難誘導を行う
  • 避難指示等に従う
  • 避難場所における秩序維持に努める
  • 災害時要援護者に対して早めの避難誘導に努める 
  • 避難場所、避難経路を確認する
  • 危険箇所を確認する
  • 災害の種類によって避難場所と経路が変わることを理解する
  • 事前に避難経路を複数準備しておく 
負傷者の救出救護
(救出救護班)
  • 倒壊物等の下敷きになった人等を救出し、応急処置等を行う
  • 負傷者は、医療機関に搬送する
  • 災害時要援護者の安全確保を行う 
  • 応急医薬品や防災資機材を点検整備する
  • 救急救命等の講習会を行う
  • 災害時要援護者を確認しておく
給食、給水活動
(給食給水班) 
  • 食糧や飲料水等を被災者に配分する
  • 食糧等を調達(要請)する
  • 必要に応じて炊き出しを行う 
  • 食糧や飲料水、生活物資の備蓄を呼びかける
  • 給水体制を整えておく
  • 炊き出し訓練を行う
  • 災害時要援護者の必要物資等を把握しておく 

掲載日 平成22年11月11日 更新日 平成29年4月5日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
総務部 危機管理課
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館 3階)
電話:
0289-63-2158
FAX:
0289-63-2143
Mail:
(メールフォームが開きます)