このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ防災・安全防災対策災害への備え> 大雨警報・洪水警報の危険度分布について

大雨警報・洪水警報の危険度分布について

大雨警報・洪水警報の新たな発表基準について

 気象庁では、雨による災害発生の危険度の高まりを評価する技術を活用して、大雨・洪水警報に関する危険度分布を提供しています。
 これまでは、浸水害や長さ15km未満の中小河川で発生する洪水害に対しては、あらかじめ設定した「雨量」の基準に達すると予想される場合に、大雨警報(浸水害)洪水警報を発表し、警戒を呼び掛けてきました。
 今回、新たに浸水害については、大雨警報(浸水害)の発表判断に「雨量」そのものだけでなく、雨の地表面でのたまりやすさを考慮した「表面雨量指数」が用いられることになりました。
また、長さ15km未満の中小河川で発生する洪水害についても、「流域雨量指数」を用いて洪水警報が発表されることになりました。

大雨警報(浸水害)の危険度分布について

  大雨警報(浸水害)の危険度分布は、短時間強雨による浸水害発生の危険度の高まりの予測を示しており、大雨警報(浸水害)等が発表されたときに、どこで危険度が高まるかを面的に確認することができます。

次の画像をクリックすると気象庁ホームページにリンクします。
浸水害危険度分布

 

 

洪水警報の危険度分布について

  洪水警報の危険度分布は、指定河川洪水予報の発表対象ではない中小河川(水位周知河川及びその他河川)の上流域に降った雨による洪水害発生の危険度の高まりの予測を示しており、洪水警報等が発表されたときに、どこで危険度が高まるかを面的に確認することができます。

次の画像をクリックすると気象庁ホームページにリンクします。
洪水危険度分布

 

 

積極的な情報収集を心がけ、自らの命を守りましょう

  近年の豪雨災害の発生を踏まえ、ハザードマップによる避難所や避難経路の確認に加え、気象庁などから発表される気象情報の収集方法も確認し、万一の災害に備えておきましょう。

鹿沼市防災マップアンドマニュアルのページはこちらから

鹿沼市洪水浸水ハザードマップのページはこちらから

掲載日 平成30年7月20日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
総務部 危機管理課
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館 3階)
電話:
0289-63-2158
FAX:
0289-63-2143
Mail:
(メールフォームが開きます)