このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ防災・安全災害情報東日本大震災関連情報> 東日本大震災に係る被災者生活再建支援法の適用について

東日本大震災に係る被災者生活再建支援法の適用について

  東日本大震災において、鹿沼市においても住宅に多数の被害が生じ、被災者生活再建支援法に定める自然災害に該当するものと認められ、栃木県内全域が同法の適用を受けることになりました。

  そのため、住宅が「全壊した世帯」、「大規模半壊した世帯」及び「半壊により解体後再建する世帯」については、申請により被災者生活再建支援制度が適用され、住宅の被害程度に応じた基礎支援金及び住宅の再建方法に応じた加算支援金が財団法人都道府県会館から支給されます。

  なお、瓦の一部崩落等のみの被害には適用されません。

 

  自然災害による被災者のための被災者生活再建支援制度の概要については財団法人都道府県会館ホームページをご覧ください。

 

 

 

 


掲載日 平成23年3月22日 更新日 平成28年10月21日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
財務部 財政課 財政係
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(新館 2階)
電話:
0289-63-2151
FAX:
0289-63-2272
Mail:
(メールフォームが開きます)