このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ防災・安全消防・救急消防> 消防署のしごと(小学生向け)

消防署のしごと(小学生向け)

消防署(しょうぼうしょ)の人は、火事(かじ)があるときだけ仕事(しごと)をしているの?

それはちがいます。火事(かじ)救急(きゅうきゅう)は、いつおきるかわからないので、消防署(しょうぼうしょ)にいて、いつでも出動(しゅつどう)できるようにしています。
消防署(しょうぼうしょ)仕事(しごと)は、(おお)きくわけると、火事(かじ)をおきないようにする仕事(しごと)と、火事(かじ)などの災害(さいがい)がおきたときの仕事(しごと)の2つがあります。

火事(かじ)がおきないようにするため、どんなことをしているの?

建物(たてもの)検査(けんさ)

建物(たてもの)につける消防用設備(しょうぼうようせつび)などが、法律(ほうりつ)にあっているのか検査(けんさ)をします。
違反(いはん)があったときは、それをなおしてもらうよう指導(しどう)します。

消防用設備の点検 違反の指導

危険物(きけんぶつ)安全管理(あんぜんかんり)

自動車(じどうしゃ)燃料(ねんりょう)となるガソリンやストーブなどの燃料(ねんりょう)となる灯油(とうゆ)などは、消防法(しょうぼうほう)危険物(きけんぶつ)指定(してい)されています。
取扱い(とりあつかい)をまちがえると、とても危険(きけん)なので、安全(あんぜん)()(あつか)うよう、工場(こうじょう)やガソリンスタンドに()って、指導(しどう)しています。

ガソリンスタンドの安全管理 燃料庫の安全管理

防火講話(ぼうかこうわ)

火事(かじ)がおきたときの消火(しょうか)のしかたや、地震(じしん)がおきたときの対応(たいおう)()ってもらうために、工場(こうじょう)自治会(じちかい)などで、防火講話(ぼうかこうわ)(おこな)ったり、消火訓練(しょうかくんれん)(おこな)っています。
また、火災予防運動(かさいよぼううんどう)などのときは、ポスターやチラシを(くば)って、火事(かじ)()さないように、()びかけています。

自治会での防火講和 消火訓練

火事(かじ)などの災害(さいがい)が おきたときは、どんなことをするの?

消火活動(しょうかかつどう)

消防車(しょうぼうしゃ)出動(しゅつどう)させて、火事(かじ)()仕事(しごと)です。

消火活動 消火活動

救助活動(きゅうじょかつどう)

火事(かじ)でにげおくれた(ひと)交通事故(こうつうじこ)(くるま)から()られない(ひと)(たす)()仕事(しごと)です。

救助活動 救助活動

救急活動(きゅうきゅうかつどう)

交通事故(こうつうじこ)でけがをした(ひと)急病(きゅうびょう)(ひと)に、応急処置(おうきゅうしょち)などをして、病院(びょういん)(はこ)仕事(しごと)です。

救急活動 救急活動

火事(かじ)がないときは、(なに)をしているの?

  1. 訓練(くんれん)

火事(かじ)やいろいろな災害(さいがい)対応(たいおう)するため、訓練(くんれん)をしています。

  1. 消防用水点検(しょうぼうようすいてんけん)

火事(かじ)()すには、(みず)必要(ひつよう)です。
そのために、消火栓(しょうかせん)防火水槽(ぼうかすいそう)が、いつでも使(つか)えるよう、点検(てんけん)をしています。
 

  1. 警防調査(けいぼうちょうさ)

もし、工場(こうじょう)などの(おお)きな建物(たてもの)火事(かじ)になったとき、どうしたら(はや)()すことができるか、調査(ちょうさ)し、勉強(べんきょう)しています。  


掲載日 平成22年10月19日 更新日 平成28年10月6日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
消防本部 消防総務課 総務係
住所:
〒322-0045 栃木県鹿沼市上殿町520-1(消防本部・消防署 2階)
電話:
0289-63-1153
Mail:
(メールフォームが開きます)