このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ防災・安全消防・救急消防団> 消防団トピックス(平成29年度)

消防団トピックス(平成29年度)

県総合防災訓練を視察

8月27(日曜日)、栃木県総合防災訓練が大田原市で開催されました。
この訓練は消防本部、消防団をはじめ、警察や自衛隊、自主防災会や各企業も参加し、大規模災害発生時の対応、救助、避難誘導、復旧等について訓練するものです。

来年、平成30年度の開催地は鹿沼市となっており、鹿沼市消防団も幹部と女性部、約40名が訓練を視察しました。
大田原市消防団の救出救助訓練や一斉放水訓練、女性団員によるポンプ操法はとても素晴らしく、来年度の鹿沼市での訓練をより良いものにする参考となりました。

この総合防災訓練に参加されたすべての皆さん、大変お疲れ様でした。

IMGP6268DSCF7144DSCF7148
IMGP6276IMGP6288DSCF7172

夏期消防訓練を実施

8月6日(日曜日)約700名もの消防団員が早朝6時から参加し、火災対応の基本となる「動作」や「ポンプ操法」について市内4会場で訓練を行いました。

今年度は特に「ポンプ操法」に重点を置き時間調整を行ったため、消防職員にしっかり指導を受けることができました。

また女性消防団員(さつき隊)も「小型ポンプ操法」に初挑戦!男性団員とともに訓練を実施しました。約1ヶ月に渡る事前訓練の成果を充分に発揮し、機敏な動きと的確な操作に会場の消防職員や男性団員からも大きな拍手が送られました。
DSC05817DSC05834DSC05842
DSC05849DSC05862DSC05879
DSCF1186DSCF1190DSCF1197

菊沢防災体験第2章の開催に全面協力 

7月15日(土曜日)に菊沢コミュニティセンターで開催された「菊沢防災体験第2章」に鹿沼市消防団が全面協力しました。

晴天に恵まれた同イベントは、菊沢地区を管轄する第2分団や女性部も参加し、救命啓発や水消火器体験、起震車による地震体験や消防応用操法の展示などを担当しイベントを盛り上げました。

近年、自然災害などにより全国各地で大きな被害が出ています。防災について触れる機会があれば、是非参加していただき「自身を守る、家族を守る」ことを学んでいただければと思います。
DSCF1105DSCF1108DSCF1116
DSCF1123DSCF1126DSCF1135
DSCF1152IMG_20170715_083711IMG_20170715_090725

消防団協力事業所がついに40事業所

7月13日(木曜日)、(株)山田設備工業(上殿町)が鹿沼市消防団協力事業所に認定され、廣瀬消防長から認定証と表示証が交付されました。
(株)山田設備工業は、災害発生時の重機提供協力が可能とのことで認定となり、鹿沼市消防団協力事業所はこれで40事業所となりました。

市内各事業所の協力体制は、鹿沼市消防団の活動展開にとって非常に心強いものです。
従業員である消防団員への団活動の配慮や、災害時の重機提供、消防団員を積極的に輩出している事業所など、これからも鹿沼市消防団は、ご協力いただける事業所をお待ちしています。
※消防団協力事業所については
こちらへどうぞ

DSCF6852DSCF6855

藤枝市消防団を視察

6月12日(月曜日)に視察研修として静岡県藤枝市消防団を視察しました。
鹿沼市消防団からは副分団長以上の35名が出向し、藤枝市消防団幹部団員の皆さんと質疑応答や意見交換を交わしました。

藤枝市消防団では、松浦団長をはじめ幹部団員や女性隊の皆様に同席していただき、消防団の活性化対策や消防団員の確保対策などの貴重な意見を聞くことが出来ました。
藤枝市消防団そして事務局の皆さん、貴重なお時間ありがとうございました。
DSCF6681DSCF6683
DSCF6687DSCF6697DSCF6698

幹部教育を実施

6月4日(日曜日)に班長以上の幹部消防団員を対象とした幹部教育訓練が実施されました。
訓練内容は、出水期を前に水防工法訓練、女性団員指導による救命講習、また水防などでの同時多発災害を想定した進展型図上訓練を実施しました。

総勢170名を超える消防団員と水防協力団体として建設業協会からも21名が参加し、連携強化や幹部団員として必要な訓練が十分に実施できました。

DSCF6445DSCF6459DSCF6465
DSCF6473DSCF6477DSCF6489
IMGP7979IMGP7993IMGP8002
IMGP8018

女性部(さつき隊)がポンプ操法訓練を実施

4月から5月にかけて鹿沼市では全分団がポンプ取扱い研修会を実施しました。
これに合わせ、女性部でも同研修会を5月14日(日曜日)に実施しました。現在女性部には消防ポンプの配備はありませんが、災害後方支援活動も行う女性部から、消防活動の基本となる小型ポンプ操法訓練を希望する声が上がり、実施となりました。

当日は本部分団長の指導の下、吸管やホース延長、筒先保持要領など、初めてのポンプ操法に戸惑いながらも、一生懸命訓練に励む女性消防団員の姿がありました。
訓練の最後には、はしご車への搭乗体験を実施、地上36mの景色に喜んだり、怖がったりの2時間でした。

IMG_20170520_105706IMG_20170520_110233IMG_20170520_110247
IMG_20170520_110330IMG_20170520_110457IMG_20170520_110544

鹿沼市民文化センターのプラネタリウムがサポート店に認定

鹿沼市民文化センターが消防団サポート店に認定されました。
プラネタリウムの入場料がサポートカードの提示で団体割引額になります。(サポートカード提示の本人とその家族)
市施設として千手山公園に続く認定となり、鹿沼市消防団のサポート店はこれで115店舗となりました。
星空の鑑賞にぜひ足を運んでください。

※団体割引額
<幼児:無料><小中学生:80円><高校生:160円><一般:250円>

DSCF6422DSCF6424

ポンプ取扱い研修会実施終了

4月から各分団ごとに実施されたポンプ取扱い研修会が、5月21日(日曜日)をもって、管内すべての分団で実施終了となりました。
ポンプ運用の基本的な知識技術のほか、今年度はより実践的な訓練を取り入れ、中継態勢要領や迅速な水利確保など、各分団ごとにテーマを持った訓練が取り込まれました。

鹿沼市では昨年より火災発生件数が増加傾向にあり、消防団は常に迅速な災害対応を心がけ、日頃より訓練に励んでいます。

1495420349269IMG_0135IMG_0144
IMG_0161IMG_0164IMG_0170

鹿沼さつきマラソンで消防団をPR

5月14日(日曜日)に鹿沼さつきマラソンが開催され、鹿沼市消防団からは、消防団PRのため伊藤団長ら消防団幹部を筆頭に約20名が参加し、のぼり旗に活動服やアポロキャップを着て、貴公子(3km)コースや親子(2km)コースを疾走しました。

沿道からは、多くの皆さんから声援を送っていただき、参加した団員全員が完走しました。
体力自慢の団員たちが、笑顔を振りまきながら消防団PR活動を行いました。
14948004360551494800440806DSCF6347
DSCF6349DSCF6351DSCF6355

機械建設(株)が消防団協力事業所に認定


4月27日(木曜日)に機械建設株式会社が消防団協力事業所に認定され、廣瀬消防長から代表取締役の宇賀神様に認定証と表示証が交付されました。
機械建設株式会社では水害などの災害発生時に、重機の提供ができるとのことで認定となり、これで消防団協力事業所は39事業所となりました。

鹿沼市では、認定事業所と協力することで地域防災力の向上や、消防団員の活動しやすい環境づくりを図っています。  
DSCF6305DSCF6307

ポンプ取扱い研修会を実施中

年間事業計画にもとづき、鹿沼市消防団では4月から5月にかけて消防ポンプの取扱い研修会を実施しています。
これは全消防団員を対象として、消防ポンプの基本的操作要領や実践的な運用方法など、火災対応時に必要な知識技術の研修を行うものです。
現在、市内14の分団が地区ごとに実施しており、昨年発生した糸魚川市の大火なども教訓に、今年度からは特に実践的なポンプ運用に重点をおいた研修を展開しています。
009016DSCF2158
DSCF2160DSCF2161DSCF2163

辞令交付式と初任教育

4月23日(日曜日)に辞令交付式が開催されました。
新入団員45名に伊藤団長から任命の辞令書が交付され「一日も早く、地域を守る立派な消防団員になってもらいたい」との激励の言葉が送られました。
また、辞令交付式後には消防団員としての基本動作の訓練や、災害対応、関係法令の講義を受講しました。
平成29年度の鹿沼市消防団は、この新たな45名の仲間と共に、総勢823名で鹿沼市の安全安心を守っていきます。
DSCF6199DSCF6216DSCF6219
DSCF6220DSCF6241DSCF6258

千手山公園がサポート店に!

千手山公園(千手町)が鹿沼市消防団サポート店に登録されました。
公園内事務所(乗り物券発券所)でサポートカードを提示すれば、なんと乗り物券10枚を提供していただけます。
桜の季節と暖かな陽気となる絶好の時期ですので、特にお子様のいる消防団員は、是非ご活用ください。また、サポートカードは消防団員本人とご家族用に2枚交付していますので、奥さんがお子様と行かれた場合でも使えます。

千手山公園が加わり、鹿沼市消防団サポート店は114店舗となりました。
IMGP6033IMGP6037

新車両3台を配備

4月8日(土曜日)に鹿沼市消防団に新車両3台が配備され、佐藤市長のもと配備式が開催されました。
新車両が配備されたのは、第8分団第2部(板荷)、第10分団第4部(藤江町、南上野町、大和田町)、第12分団第4部第2班(上粕尾)です。

鹿沼市消防団では、地域の実情に合わせ大きく分けて3種類の車両を配備しており、今回配備されたのは可搬ポンプを積載した積載車2台と、同じく可搬ポンプを積載した軽車両の搬送車1台です。
鹿沼市消防団では、これら新車両を十分に活用し、これからも地域の防災減災に努めていきます。
前IMGP5557IMGP5734
IMGP5734IMGP5736

掲載日 平成29年4月17日 更新日 平成29年9月1日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
消防本部 地域消防課
住所:
〒322-0045 栃木県鹿沼市上殿町520-1(消防本部・消防署 2階)
電話:
0289-63-1156
FAX:
0289-63-5520
Mail:
(メールフォームが開きます)