このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ防災・安全消防・救急火災予防> 平成30年春季全国火災予防運動

平成30年春季全国火災予防運動

このページは情報量が多いため、ページ内リンクが設定されています。

春季全国火災予防運動が3月1日~3月7日の間行われます

目的

328f8217[1] この運動は、火災が発生しやすい時季を迎えるに当たり、市民の皆様に防火に対する意識を高めていただき、火災の発生を防止して、尊い命や財産を守ることを目的としています。一人ひとりが火災予防に努め、安全で安心なまちをつくりましょう!!

全国統一防火標語

『火の用心 ことばを形に 習慣に』

実施期間及び主な行事

  • 実施期間  平成30年3月1日(木曜日)~3月7日(水曜日)までの7日間
  • 主な行事  消防車両による街頭広報
                 ケーブルテレビによる広報
                 広報かぬま(3月号)に広報文を掲載
                 災害情報メール配信など

平成29年の火災件数と主な原因

たき火のイラスト  鹿沼市では、平成29年に55件の火災が発生しました。

  火災の原因で多いのは、『たき火』、『電気による火災』、『たばこ』などです。

  その内、『たき火』による火災が9件ありました。出火原因の中では非常に高い割合を占めており、特に1月~5月に多く発生しています。火災の多くは、ちょっとした不注意が原因で起きています。たき火をするときは次の事項に十分注意して、火災を起こさないようにしましょう。

  • 周囲に燃えやすいものがない場所で行いましょう。たき火のイラスト
  • 乾燥注意報等が出ているとき、風の強いときはやめましょう。
  • 消火器や水バケツなど、消火の準備をしましょう。
  • 火が消えるまではその場を離れず必要に応じて水をかけて消火しましょう。
  • 火の粉が飛ばないように、少しずつ燃やしましょう。
  • 衣服への着火や火傷に、注意しましょう。
     

みなさんの地域や家庭から火災を出さないよう、火の取扱いには十分な注意をして、尊い命や大切な財産を火災から守りましょう。
火災を防ぐ4つのポイント

大切な家族とご自身のために住宅用火災警報器を設置しましょう

住宅用火災警報器のイラスト取付が義務付けされている所

  • 寝室や子ども部屋など、寝室に使われる部屋に設置します。
  • 寝室が2階などにある場合は、階段の上部にも設置します。

     

取り付けをおすすめする所

  • 台所、リビング
     

~住宅用火災警報器が鳴った時などの対処法~

住宅用火災警報器のイラスト火災の時

  • 警報音が鳴り、火災を見つけたら、大声で周りに火災を知らせ、119番通報しましょう。
  • 可能なら消火を行ってください。
  • 消火が出来ない場合は、速やかに避難してください。
     

火災でない時

  • 火災以外の湯気や煙などを感知して警報が鳴った時は、警報音停止ボタンを押す、ひもがついているタイプはひもを引く、もしくは室内の換気をすると警報音は止まります。
  • 台所では煙や湯気が直接かからない場所に設置するか、熱式の警報器をおすすめします。
  • 燻製式殺虫剤を使用する時は、ビニール袋などで覆うなど注意してください。

お手入れをしましょう

  • ホコリや小さな虫など、汚れが付着した場合は、中性洗剤に浸して固く絞った布で拭き取ってください。

点検をしましょう

  • 定期的に作動確認をしましょう。
  • 音が鳴らない場合は、「電池切れ」か「機器の故障」ですので、取扱説明書をご覧ください。

電池切れ

  • 電池が切れると、「電池切れ警報音」が鳴動します。機種によって異なる為、取扱説明書をご覧ください。
  • 電池寿命10年タイプは機器交換しましょう。

機器の異常

  • 故障の場合も、「故障警報音」が一定間隔で鳴動します。新しい住宅用火災警報器機器と交換してください。
  • 住宅用火災警報器は、10年を目安に交換しましょう!!

~住宅用消火器を設置しましょう~

住宅用消火器のイラスト 住宅用火災警報器などで火災を発見した場合、威力を発揮するのが消火器です。

 消火器は初期消火に大変役立つ道具です。

※初期消火の目安は天井に炎が達するまでです。それを過ぎたらすぐに避難してください。


消火器の使い方

(1)安全栓を抜く  (2)ホースの先端を持つ  (3)レバーを握る
消火器の使い方のイラスト

~ 悪質な訪問販売・消防をかたる不審な電話にご注意ください!!~

 「役場、消防署の方から来ました」「全ての部屋に付けなければいけない」などと偽り、住宅用火災警報器や、消火器の悪質な訪問販売が増えています。

消防職員が販売や斡旋をすることはありませんので、絶対に購入しないでください!! 

 また、鹿沼市をはじめ、栃木県内で消防本部をかたる不審な電話が複数件発生しています。その内容は、消防本部の名前をかたる人物から住所と氏名を確認され、「一人暮らしの高齢者宅に防災グッズを送付しています。一人暮らしでよろしいですか」などというものです。
鹿沼市消防本部では、防災グッズの販売や配布などの目的で、住所、氏名、世帯情報などの個人情報を尋ねる事はありません。また、郵送により、防災グッズの販売や配布を行うこともありません。悪質な電話セールスの疑いや、振り込め詐欺に利用される可能性もあることから、不審な電話に注意してください!!


 


掲載日 平成30年2月9日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
消防本部 予防課 予防係
住所:
〒322-0045 栃木県鹿沼市上殿町520-1(消防本部・消防署 2階)
電話:
0289-63-1155
Mail:
(メールフォームが開きます)