このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップくらし・手続き相談消費生活センター> 借金で悩んでいませんか?

借金で悩んでいませんか?

借金は解決できます

借金の返済が苦しくありませんか?

  • クレジットカードで買い物をしていたら生活が苦しくなった
  • 思いがけずリストラされたが、次の仕事が見つからず生活が苦しい
  • 「絶対に迷惑はかけない」という友人の言葉を信じて借金の保証人になったが、友人が夜逃げした

などの様々な理由で借金を始めたが、返済が苦しい、「返済がいつまでたっても終わらない」と感じていませんか?

多重債務とは?

「多重債務」とは、複数の借入先から返済能力を超えて借金したため返済が困難な状態をいいます。
 

年収の3分の1を超える借入れはできなくなりました!

多重債務者をなくすため、平成22年6月に貸金業規制法が改正・施行されました。
年収の3分の1を超える借金が原則としてできなくなりました。(住宅ローン、自動車購入時のローン等は除かれます。)
既に多額の借金をしている人は、追加融資を受けられなくなりましたので、早いうちに債務整理をしましょう。

相談すれば楽になります

相談の上、弁護士や司法書士に債務整理を委任すれば、債権者からの督促が止まり、返済が一時的にストップしますので、経済的にも精神的にも楽になります。
高金利で長期間返済している場合は、返済残高を大幅に減額できる場合があります。払いすぎた利息を債権者から取り戻せる場合もあります。

多重債務相談の流れ(任意整理の場合)

  • 相談員が相談者の事情を丁寧に聞き取ります。
  • 相談員が弁護士や司法書士に相談の予約を入れます。
  • 相談者が弁護士や司法書士の事務所に出向き、面談します。
  • 弁護士や司法書士が調査して債務額を確定します。
  • 弁護士や司法書士が債権者と減額交渉し、和解契約を締結します。
  • 相談者が和解金を支払います。

※ 「任意整理」とは、裁判所を利用せずに、債権者との話合いで債務額を減額して和解する、私的な債務整理の方法です。

債務整理の費用は立替払・分割払できます

債務整理の費用が用意できないという方は、一定の要件を満たせば、弁護士や司法書士の手数料を立て替える日本司法支援センター(法テラス)の援助制度を利用することもできます。
立て替えてもらった費用は、分割で払えます。

すぐにご相談ください!

鹿沼市消費生活センターでは、借金の相談を受け付けています。
借金のことはだれにも相談できないと悩んでいませんか?
毎月の返済がきついと感じてきたら、すぐにご相談ください。
相談無料。秘密は厳守します。

多重債務(借金)の相談機関

鹿沼市消費生活センター

〒322-8601  今宮町1688-1
鹿沼市役所新館2階
電話 0289-63-3313
FAX 0289-60-1001
相談受付時間 午前9時から正午  午後1時から3時

日本司法支援センター栃木地方事務所(法テラス栃木)

電話 050-3383-5395

栃木県弁護士会多重債務相談センター

電話 028-643-2272

財務省関東財務局宇都宮財務事務所

電話 028-633-6221


掲載日 平成22年11月10日 更新日 平成28年11月29日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
市民部 生活課 市民生活係
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(新館 2階)
電話:
0289-63-2122
FAX:
0289-60-1001
Mail:
(メールフォームが開きます)