このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップくらし・手続き相談消費生活センター> 【H29.4月号】利用した覚えのない請求は無視しましょう

【H29.4月号】利用した覚えのない請求は無視しましょう

title_index_tuusin

利用した覚えのない請求は無視しましょう

未払い代金の債権回収をしているという業者から、インターネット接続回線と有料サイトの利用料を請求するメールが届いたが、利用した覚えがない。「期日までに連絡しないと、法的手段に訴える」と書いてあるが、どうしたらよいか。

 アドバイス

  1. 利用した覚えのない料金を請求される「架空請求」に関する相談が多く寄せられています。
  2. 「期日までに連絡するように」などと書いてあっても、絶対に連絡してはいけません。業者からの請求がエスカレートしたケースもあります。
  3. 「訴訟を起こす」「弁護士対応になる」など不安をあおるようなことが書かれていても、利用した覚えがなければ支払わずに無視してください。
【お問い合わせ】
鹿沼市消費生活センター
(鹿沼市役所新館2階21番窓口)
TEL0289-63-3133

 


掲載日 平成29年8月29日 更新日 平成29年9月7日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
市民部 生活課 市民生活係
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(新館 2階)
電話:
0289-63-2122
FAX:
0289-60-1001
Mail:
(メールフォームが開きます)