このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ産業・仕事農林業お知らせ> クビアカツヤカミキリの発生に注意しましょう!

クビアカツヤカミキリの発生に注意しましょう!

クビアカツヤカミキリの発生に注意しましょう!


栃木県南部を中心に、特定外来生物クビアカツヤカミキリの発生が確認されております。

幼虫は樹木に入り込み、木の内部を食い荒らし枯らしてしまいます。大切な果樹や地域のサクラを、伐倒しなければならなくなる可能性があるため、樹木の所有者の方、管理者の方は、以下のことに注意してください。

≪クビアカツヤカミキリの特徴≫

・成虫は体長約3~4cmです。
・全体的に光沢のある黒色で、赤色の背中が特徴です。
・成虫は6月上旬から8月上旬に現れます。
20180626095349413_0001
(栃木県農業環境指導センター提供)
・サクラ、ウメ、モモ、スモモなどに加害します。
・幼虫が寄生した木からは、9月頃まで大量のひき肉状のフラス(木くずとフンの混ざったもの)が排出されます。
20180626095349413_0001
(栃木県農業環境指導センター提供)
被害拡大を防ぐため、写真を参考に成虫や樹木に大量のフラスを見つけた場合は、林政課までご連絡ください。


掲載日 平成30年5月31日 更新日 平成30年6月26日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
経済部 林政課 森林保全係
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(新館 5階)
電話:
0289-63-2187
FAX:
0289-63-2189
Mail:
(メールフォームが開きます)