このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ産業・仕事農林業農業> 鹿沼市の農産物

鹿沼市の農産物

コンバインで米を収穫する写真圃場整備事業の進捗と共に、大型機械による栽培体制が確立し、営農集団と(有)農業生産法人かぬま等による水稲受託栽培は、作型が早植と晩植に区分される地域特性を生かし、品種構成を工夫しながら順調に伸びてきています。 また、無人ヘリコプター防除の実施、カントリーエレベーター2基(市、JA)の設置等、生産出荷体制を強化しています。

 

 

 

 


 

  

園芸作物(野莱、花き花木、果樹)

園芸作物のにら、いちご、とまとの写真市では東部畑作、中南部水田地帯を中心に園芸作物の生挙が盛んで、その農業租生産額は全体の約50%を占め、県内有数の園芸産地を形成しています。
野菜は、数多くの作物が生産され、中でもいちごは促成栽培による「とちおとめ」の早出型出荷、にらは周年出荷体制が確立し、共に全国有数の産地を形成しています。
花きは、鉢物はアジサイ、シクラメン等を中心に、切花のバラ、ゆり、菊類、生産され、花木類は全国的に有名なさつきが市内全域で生産されているほか、緑化木も県内有数の規模を誇っています。
果樹は、堆児還元による土づくりを重視した日本なしや、りんごが東部畑作地帯を中心に生産されていますが、生産農家が隣接していることなどから、国・県道沿に直売所が開設し、果実や野菜、農産加工品等を直売しています。

 

 

 

その他の作物

その他の作物のそば開花、そば実りの写真特用作物の生産が西北部中山間地帯を中心に盛んで、特にこんにゃくいもは『鹿沼こんにゃく』としても有名で、この地域の農業生産の中で面積、生産量、生産額共に大きなウエートを占めています。 また、現在では全国的にも珍しい麻(無毒麻「とちぎしろ」)を栽培しており、生産量と品質ともに日本一であることや、茶が栽培され、生薬生産から加工(緑茶)まで農家が一貫して行い『鹿沼茶』の名で販売されています。 加えて、各地域のむらづくり運動の中で、自然食品として注目を集めているそばの栽培が 増加し、その面積は県内上位を誇ると共に、地粉のそばとして「農村レストラン」等でも味わうことができます。

  

 

 

 

 

畜産

畜産物の牛肉の写真乳用牛、肉用牛、豚、鵜、ブロイラーが飼育されており、その経営は多頭数飼育の傾向 をしめしてはいるが、飼養農家戸数は減少傾向にあります。 乳用牛は、低コスト、高乳質生産のため、租飼料生産を高め、効率的な経営の准進と、優良乳用牛群青戌に努めています。 肉用牛については、肉質の良い大型牛育成に力を入れており、その品質については「かぬま和牛」として高い評価を得ています。 豚については、繁殖一貫経営が主で規模拡大が図られている。

 


掲載日 平成22年10月25日 更新日 平成28年9月28日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
経済部 農政課
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(新館 5階)
電話:
0289-63-2191
FAX:
0289-63-2189
Mail:
(メールフォームが開きます)