このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ産業・仕事農林業林業> 林業の概要

林業の概要

  鹿沼市は栃木県の中心部からやや西南に位置しています。

  西部は夕日岳や横根山をはじめとする標高1,000メートル超の山岳地帯で日光林業地帯の中心になっています。
  昔からスギ・ヒノキの造林が盛んに行われてきており、西北部では齢級構成も高く、伐期を迎える林分も多くなっています。また、山々の間を縫うように粟野川・思川(粕尾川)・永野川が南下する西南部では、50年生以下の人工林が多くを占めています。

  中央部は、黒川をはじめとする各河川の岸に発達した沖積低地で、市の中心部とその南北に広がる水田地帯を形成し、市街地の西には、御殿山、富士山に連なる丘陵が見られ、市街地景観の重要な役割を果たしています。

  東部は、黒川と行川の浸食によって形成された沖積台地で、畑地や平地林が広がっています。


掲載日 平成22年10月26日 更新日 平成28年9月30日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
経済部 林政課
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(新館 5階)
電話:
0289-63-2186
FAX:
0289-63-2189
Mail:
(メールフォームが開きます)