このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ産業・仕事農林業野生鳥獣対策> 野生鳥獣について

野生鳥獣について

イノシシ・シカ・サル・ハクビシン・鳥類などの野生鳥獣について

  鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護法)では、野生鳥獣については、狩猟により捕獲する場合を除き、原則として、その捕獲又は採取等が禁止されています(狩猟鳥類のヒナ・卵も原則として捕獲、採取等を禁止)。
  そのため、狩猟の適正化や鳥獣の保護繁殖を図るため、鳥獣保護区等が設定されています。
  しかし、農林業被害を生じている場合や学術研究上の必要性が認められる場合などには、野生鳥獣の捕獲等又は鳥類の卵の採取等が例外的に認められています。
  なお、捕獲(殺傷を含む)には鳥獣の種類、捕獲場所、捕獲方法により環境大臣、県知事、市長の許可が必要になります。
  鹿沼市内においても、野生鳥獣の増加等により各地区で農作物被害等が発生しています。被害対策の取り組みについて、一人一人が出来ることもありますので、住んでいる地域を守っていけるように皆様のご協力をお願いいたします。

被害を防ぐためには

  鹿沼市では国や県の協力を得ながら、主な被害対策として「環境整備」「防御」「捕獲」の3つを推進しています。

環境整備」は、主として草刈りや間伐等を実施して、見通しを良くすることでイノシシ等が生息しにくい環境を作る。藪や耕作放棄地を減らすことで、イノシシ等の巣になることを防ぐ。生ごみや野菜くず、放任果樹(収穫しない柿や栗を無くす)ことでエサを減らすことにより、野生鳥獣の生息数の増加を食い止めることを目的としています。

  誰か一人が生ゴミを片付けない、畑の作物をそのままにすることで、地域全体に被害が広まる可能性がありますので、注意が必要です。
 

           (例)↓とちぎの元気な森づくり県民税事業を活用した刈り払い

刈り払い前の山林の写真   刈り払い後の山林の写真

                     刈り払い前                                            刈り払い後
 

防御」は、柵の設置を進めることで農地等への侵入を防止することを目的としています。農作物被害を減らすことは、イノシシ等のエサを減らすことになり、結果として個体数の増加を食い止めることに繋がります。

  また、電気柵は常に通電しておく、草刈りを定期的に実施するなど、柵を設置した後の管理が重要となります。
 

                           (例)国交付金を活用した地域による広域的なワイヤーメッシュ柵設置

国交付金を活用した地域による広域的なワイヤーメッシュ柵設置の写真   国交付金を活用した地域による広域的なワイヤーメッシュ柵設置の冬の写真

 

捕獲」は、「環境整備」や「防御」を行っても被害を及ぼす個体を捕獲し、頭数を減らすことを目的としています。猟友会の方も各地区で精一杯捕獲等を実施していただいていますが、増えるスピードのほうが早い状況となっています。
 

                                                  (例)箱ワナの設置

 箱ワナの写真   箱ワナを山に設置した写真

Q:野生動物の捕獲について・・・

A:「狩猟免許」と「捕獲許可」が必要となります。(市が直接捕獲は行いません)上記の「環境整備」「防御」等を実施しても被害が減らない場合に限り、有害鳥獣として許可を得て捕獲できます。

  • 狩猟免許試験については、栃木県のホームページをご確認ください。(栃木県HPはこちら
  • 鹿沼市で捕獲許可を出すことになりますが、被害や周囲の状況の確認が必要となりますので、許可申請をされる場合には事前に林政課にご相談をお願いいたします。
  • 申請には被害箇所図、被害状況(内容、被害額)、状況写真など必要になります。 

Q:シカやイノシシ等の対策について・・・

A:まずは上記の「環境整備」「防御」を行ってください。増えるスピードが早いため、捕獲だけではイノシシ等の生息数は減りません!

  • 「栃木の元気な森づくり県民税事業」による刈り払い等を考えている自治会は、林政課にご相談ください(栃木県HPはこちら
  • 柵の設置をご検討されている方は、林政課にご相談ください。(個人の設置、自治会での広域的な設置など補助金等が活用できる場合があります。)

イノシシ

大きさ   : ウリ模様がある幼獣~大型のものは頭胴長1m以上、体重は100kgを超えるものもいます。

食べ物 : 雑食性(人が食べるものはイノシシも食べる)、春はタケノコ、秋~冬にかけては堅果類や植物の茎や根を食べます。

出産    : 通常春1回、1度に4,5頭出産。栄養状態などにもよりますが、1年後にはメスは出産可能になります。

ニホンジカ

大きさ  : 大型のものは体長1.5メートル以上、体重は100kgを超える個体もいます。

食べ物 : 草食性。樹皮なども食べます。

出産    : 通常春1回、1度に1頭出産。栄養状態などにもよりますが、1年後にはメスは出産可能になります。

 

Q:サル対策について・・・

A:まずは上記の「環境整備」「防御」を行ってください。防御に関して、サルは柵を登ってしまうため、電気柵と組み合わせるなどの対策が必要となります。

  • 地域住民が協力して、継続的に花火等で追い払いを行うことが必要です。
  • 安心して行動できる場所ではないと認識させることが重要なので、なるべく多くの人が集まり追い払いをする必要があります。
  • 銃器による捕獲は効果的ですが、現場に銃器を持ってきたときには逃げてしまうことも多く、常に現場にいる住民の対応が重要です。

ニホンザル

大きさ  : 成獣は頭胴長50cm程度、体重10kg程度です。
食べ物 : 植物性の強い雑食性(人が食べるものはサルも食べる)、タケノコや昆虫なども食べます。
出産    : 概ね5歳以上は出産可能、1度に1頭出産。2~3年に1回程度出産します。

Q:ハクビシン対策について・・・

A:手先が器用な動物で柵を登ってしまうため、柵を設置する場合には電気柵と組み合わせるなどの対策が必要となります。

  • 電線なども歩いて移動するため、家の中(天井裏)に巣を作られないように注意が必要です。
  • 近くに柿や果物の作物があり、家の柱に写真のようなひっかき傷がある場合には近くにいる証拠です。

ハクビシンによる家の柱へのひっかき傷がある写真

  • ハクビシン・アライグマについては狩猟免許が無くても、捕獲許可を受ければ捕獲が出来る場合があります。(自宅敷地内に限るなど条件があります。)対策を検討されている方は、林政課にご相談ください。
  ハクビシン
大きさ:ネコやタヌキと同程度です。(鼻筋が白いのが特徴です)
食べ物:雑食性(甘い果物などを好みます)
出産:年に1~2回、2~3頭程度出産。

Q:鳥の鳴き声がうるさい・フンが落ちてくるなど・・・

A:地域住民が協力して、継続的に花火等で追い払いを行うことが必要です。

  • 春先に巣営等を行う個体が多く、その時期の追い払い等が有効です。
  • 銃器による捕獲は効果的ですが、住宅地が近いと発砲は出来ないため、常に現場にいる住民の対応が重要です。
 

掲載日 平成27年3月2日 更新日 平成28年10月18日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
経済部 林政課 森林保全係
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(新館 5階)
電話:
0289-63-2187
FAX:
0289-63-2189
Mail:
(メールフォームが開きます)