このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ産業・仕事農林業野生鳥獣対策> クマとの事故を防ぐために

クマとの事故を防ぐために

クマとの事故を防ぐために

栃木県にはツキノワグマが住んでいます。
普段はおとなしい動物ですが、時には人が襲われることもあります。
私たちが気を付ければ、多くの事故を防ぐことができます。

 

PDF クマ注意喚起用チラシ (PDF 466 KB) 

 

襲われないようにするためには、クマと近い距離で出会わないことが最も大切!!

 クマに襲われないようにするためには、クマと近くでばったり出会わないようにすることが最も大切です。

  • クマがいそうな場所に行かない
  • 早朝や夕方は特に注意
  • 一人での行動は避けよう
  • 大きな音を出しながら歩こう
 

 

もしもクマに出会ったら・・・

クマが人を襲う理由の多くは、自分や子グマを守るためなので、クマを刺激しないことが大切です。

  • 静かにゆっくりとクマから離れる
  • クマに背中を向けない、走って逃げない
  • グループで固まる
  • 子グマには絶対に近づかない

 

もし、市内でクマを目撃した場合等は、林政課にご連絡をお願いいたします。

 

ツキノワグマについての情報は、下記ホームページをご覧下さい。

栃木県ホームページ(シカ・サル・クマ・イノシシ・カワウの保護管理)


掲載日 平成25年9月3日 更新日 平成28年10月18日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
経済部 林政課 森林保全係
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(新館 5階)
電話:
0289-63-2187
FAX:
0289-63-2189
Mail:
(メールフォームが開きます)