このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ産業・仕事入札・契約入札制度> 解体工事の発注について

解体工事の発注について

解体工事の発注について

  解体工事につきましては、平成28年6月1日(以下、「施行日」という。)から建設業の許可業種に追加され施行されております。
  現在、とび・土工・コンクリート工事の許可で解体工事業を営む事業者に対して、施行から3年は、解体工事の許可を取得しなくても、解体工事を施工できるという経過措置が設けられております。
  本市においては、解体工事の発注方法を以下のとおり運用することとしました。
  

解体工事の発注方法

平成29・30年度に発注する解体工事は、とび・土工・コンクリート工事の業種で発注します。
 

とび・土工・コンクリート工事の総合評定値

平成29・30年度中に登録申請された事業者であって、「とび・土工・コンクリート工事」に登録希望する場合における鹿沼市建設工事入札参加資格審査事務処理要領第4条に基づく総合点数を算定する際に採用する客観点数(P点)は、経営事項審査の審査基準日が施行日より前のものについては、「とび・土工・コンクリート工事」の総合評定値を、審査基準日が施行日以後のものについては、「とび・土工・コンクリート工事・解体工事(経過措置)」の総合評定値を採用します。
 

入札参加者名簿への登録

平成29・30年度については、「解体工事」の業種を設けないので、「解体工事」を希望する事業者は、「とび・土工・コンクリート工事」への登録とします。
平成29・30年度入札参加者名簿の「とび・土工・コンクリート工事業」の業種に未登録の業者で、平成28年6月1日以降に解体工事業を新規に取得した場合は、暫定的に「とび・土工・コンクリート工事業」での登録を受け付けますが、解体工事以外の「とび・土工・コンクリート工事」は入札に参加させないものとし、発注時の公告又は指名通知で明記するものとします。
  

≪解体工事に関する入札参加についての質問と回答≫

質問1)解体工事は今後、どのように発注しますか。

回答1)平成29・30年度に解体工事を発注する際、業種は「とび・土工・コンクリート工事業」で発注します。本市に「とび・土工・コンクリート工事業」で入札参加資格がある場合は、入札に参加できます。ただし、回答3のとおり、施行日以降に許可替えを行っている場合は、解体工事業の許可を取得している場合に限ります。

なお、平成31年度以降は「解体工事業」で発注します。
 
質問2)施行日以前から「とび・土工・コンクリート工事業」の許可を取得しています。その場合、解体工事の入札に参加できますか。
回答2)経過措置により、平成28年5月31日時点で「とび・土工・コンクリート工事業」の許可があり、その後に許可替え(知事許可から大臣許可、一般建設業から特定建設業へ変更するなど)がされていない場合は、平成31年5月31日までは解体工事を請け負うことができます。
 
質問3)施行日以降に許可替えをしました。その場合、解体工事を請け負うことはできますか。
回答3)施行日以降に許可替えをした場合、施行日以降の「とび・土工・コンクリート工事業」には解体工事業が含まれていないことから、解体工事を施行するには解体工事業の許可が必要です。
 
質問4)施行日以降に「とび・土工・コンクリート工事業」の許可を更新しました。その場合、解体工事を請け負うことはできますか。
回答4)更新の場合は、経過措置が適用となり、平成31年5月31日までは解体工事を請け負うことができます。

掲載日 平成29年5月9日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
財務部 契約検査課 契約係
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(東館 3階)
電話:
0289-63-2278
FAX:
0289-63-2273
Mail:
(メールフォームが開きます)