このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ観光・イベント観光鹿沼市の観光> 企画展「身近に楽しむ木版画 -川上澄生・頒布会とその時代-」

企画展「身近に楽しむ木版画 -川上澄生・頒布会とその時代-」

身近に楽しむ木版画ポスター

戦前から戦後にかけて、版画家たちは展覧会や版画誌において作品を発表するほか、版画の頒布会を行うことで、コレクターや愛好家の要望に応えていました。版画の頒布会の会員になると、原則として月1枚ずつ作品が手元に届き、限定部数の作品を一揃いで入手することができるので、愛好家にとって、作家の作品を身近に楽しむことができる貴重な機会となりました。版画家にとっても、頒布会はコレクターや愛好家との距離を縮める点でも重要な意味を持っていました。

版画家・川上澄生(1895-1972)も、戦前から戦後にかけてグループや単独での頒布会に参加しました。戦後になると、川上澄生の栃木県立宇都宮中学校(現・宇都宮高等学校)時代の教え子が中心となり、版画頒布会が組織されました。そのため、栃木県内で川上澄生の頒布会作品を所蔵している方は多く、愛好家を中心に親しまれてきました。そこで頒布された作品は、川上澄生作品として知られたものが多く含まれています。

本展では、戦後の代表的な川上澄生の版画頒布会とその作品を紹介することで、川上澄生作品を身近に楽しんでいただく機会とします。第1部では、戦後の宇都宮で頒布された作品を、第2部では戦後の東京、北海道で頒布された作品を紹介し、頒布会によって全国的に広がりを見せた川上澄生作品を紹介します。この機会にぜひご覧ください。
 

とき

【前期展】平成28年12月3日(土曜日)から平成29年1月29日(日曜日)

【後期展】平成29年2月4日(土曜日)から4月2日(日曜日)

     午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

    ※前期・後期で一部展示替えをします。

ところ

川上澄生美術館2階展示室

入館料

一般300円(200円)、高校・大学生200円(100円)、小・中学生100円(50円)

※冬休み、春休み期間中は鹿沼市内の小中学生は観覧料が無料です。

※カッコ内は20名以上の団体料金

※2月12日(日曜日)は第16回鹿沼ジュニア版画大賞表彰式のため、3月11日(土曜日)は

第23回鹿沼市立川上澄生美術館木版画大賞授賞式のため観覧料が無料です。

休館日

月曜日(ただし1月9日、3月20日は開館)、12月28日(水曜日)から1月4日(水曜日)、

1月10日(火曜日)、1月31日(火曜日)から2月3日(金曜日)、3月21日(火曜日)

関連イベント

館長と楽しむ作品鑑賞会

日時:12月3日(土曜日)、2月4日(土曜日)午後2時から2時30分

場所:2階展示室※事前申し込みは不要です。

担当学芸員によるギャラリー・トーク

日時:1月7日(土曜日)、3月25日(土曜日)午後2時から2時30分

場所:2階展示室※事前申し込みは不要です。


掲載日 平成28年11月25日 更新日 平成29年3月28日
【アクセス数