このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ観光・イベント文化財民俗文化財> 賀蘇山神社関白流獅子舞

賀蘇山神社関白流獅子舞

賀蘇山神社関白流獅子舞1賀蘇山神社関白流獅子舞2

名称 

賀蘇山神社関白流獅子舞
(がそやまじんじゃかんぱくりゅうししまい) 

基本情報

江戸時代 

指定

市指定(昭和45年5月1日) 

所在地・アクセス

鹿沼市入粟野709-3 
所在地・アクセスマップ

保存団体

  • 尾ざく獅子舞保存会
  • 下五月賀蘇山神社関白流獅子舞 

成り立ち・見所

  賀蘇山神社関白流獅子舞は、賀蘇山神社の秋の例祭 (9月23日)に奉納され、俗称「尾ざく山の獅子舞」と呼ばれ、尾ざく・下五月坪の2流があります。
栃木県に広く分布する、関東型と呼ばれる一人立三匹の獅子舞で、前座的芸能としてなかば芸能化した杖術がついています。

地元に残る言い伝えでは、この獅子舞は日光輪王寺が四本竜寺といった時に、その建立の地祭りに招待されて舞ったのがはじめで、この時下賜されたのが、現在使用している 菊と桐と木瓜の紋入りの旗 であるといわれています。

記録映像

地域資産ポータル(平成12年製作)をご覧ください。
 


掲載日 平成22年8月27日 更新日 平成28年11月16日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)