このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ観光・イベント鹿沼市史鹿沼市史叢書> 叢書9 明治初期宗教資料

叢書9 明治初期宗教資料

明治初期宗教資料価格      1,000円
規格      B5判、175ページ
発刊      平成16年3月

 

 

 

 

 

 

  明治新政府は、天皇を中心とする国家体制をつくりあげるために、神道を国教とする政策をとりました。
  鹿沼市内には、その政策がどのように進められていったのか、行政・神道・仏教それぞれの動向を知ることができる、全国的にも貴重な資料が多数残されています。
  宗教・信仰に関する資料は、近世・近現代それぞれの『資料編』にも掲載しましたが、本書には、『資料編』に掲載できなかった資料や、刊行後に新たに発見された資料などを収録しました。
  おもに、日光県や宇都宮県から出された布達類、大教院・中教院、鹿沼に設けられた神道事務支局の資料、柿沼広身や金子惟嘉などの教導職を勤めた人物に関する資料などを収録しています。
  これら資料の背景を知る手がかりとして、この資料集全体の解説をはじめ、資料ひとつひとつにも解題をつけました。

 

  購入するには
 

 


掲載日 平成22年11月8日 更新日 平成28年10月25日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
〒322-0069 栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)