このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ市政情報鹿沼市の紹介・概要施設紹介> 鹿沼市堆肥化センター

鹿沼市堆肥化センター

堆肥化センターの画像
  鹿沼市堆肥化センターは、市内で盛んに行われている畜産業からの『家畜排せつ物』、農業副産物である『もみ殻』、木工業から発生する『おが粉』などを原料として、じっくりと熟成させた良質なたい肥を生産しています。

  このたい肥を農地に還元し、農産物の生産振興を図るとともに、資源循環型社会の形成を目指しています。

  こうした取り組みが評価され、平成28年3月14日、当センターで製造するたい肥『ほっこりー2号』が、栃木県から栃木県リサイクル商品(とちの環エコ製品)の認定を受けました。
 

 

土づくりに、かぬま堆肥「ほっこりー2号」!絶賛販売中

 

ani堆肥堆肥化センターで製造された堆肥「ほっこりー2号」は、完熟で安全な良質たい肥です。
一般的に酸素消費量が3以下で完熟と言われますが、当センターのたい肥「ほっこりー2号」は『1.7』! 

  発芽率も100%で、かなりの完熟度合です。

  原料は、多い順から、牛ふん、豚ふん、粉砕もみがら、鶏ふん、おが粉などで、堆肥製造過程で乳酸菌や酵母菌、納豆菌といった有用菌を添加しています。
これを、堆肥舎内で撹拌、エアレーション、切り返しなどの作業を行ないながら、約4カ月かけて発酵、熟成させ、最後にふるい通しをして製品とします。
微生物の力をフル活用して作った完熟たい肥ですので、時々、製品に白いカビのようなものが見えるのも放線菌という菌なのです。

  サラサラで臭いも少なく、本格的な農業はもとより、家庭菜園にもおすすめです。
 

袋詰堆肥の販売(園芸や家庭菜園に最適です)

ほっこりー2号の堆肥袋が新デザインになりました

鹿沼市の「いちご市」宣言に伴い、完熟堆肥「ほっこりー2号」の袋デザインを変更しました。
 

  • 現行の袋詰め堆肥と比較して成分や品質、価格面での差異はございません。
  • デザイン変更は平成29年9月より順次実施いたします。
  • 現行デザインは8月生産分をもって終了しております。予めご了承下さい。 
    堆肥袋デザイン変更
対象製品
  • 40リットル入り(525円 )    
  • 20リットル入り(300円)

堆肥化センター(鹿沼市油田町15-119)以外でも次の取扱店で購入できます。
  • 上都賀農協資材店アグリ奈佐原(鹿沼市奈佐原町526)  営業8:30~17:00
  • 鹿沼市花木センター(鹿沼市茂呂2086-1)  営業8:30~17:00
  • リサイクルショップぶうめらん(鹿沼市上殿町698)  営業10:00~15:00  水曜定休
  • まちの駅新・鹿沼宿(鹿沼市仲町1604-1)  営業9:00~18:00
  • 清流の郷かすお(鹿沼市中粕尾1308-1)  営業9:00~16:00  火曜定休
  • 永野フレッシュ直売所(鹿沼市下永野1314)  営業 土日祝日のみ9:00~16:00
  • 野尻直売所(鹿沼市野尻285-4)  営業9:30~17:30  月曜定休
  • 遊の郷直売所(鹿沼市中粟野655-1)  営業10:00~17:00  火曜定休
  • (有)大関種苗園(鹿沼市鳥居跡町1416)  営業9:00~18:00
 

たい肥のバラ販売(大量に欲しい方はこちらがお得です)

  • 1kg当り  5円  (年間100t以上の大口購入の場合は、1kg当り4円)

    • バラ販売は、堆肥化センターのみで取り扱っております。
    • たい肥を積みこむ前後で車両の重さを計量して販売します。
    • トラックで来所の場合は、当方のローダーにて荷台に積み込みます。
    • ご自分で袋を持参して詰め込んでいく場合もバラ販売扱いとなります。
    • クレジットカードでの支払いは取り扱っておりません。現金をご用意ください。
    • JAの口座引き落としをご希望の場合は、JAにお申し込みください。
    • 2t車又は4t車にて、配達も承っております。(要予約 TEL0289-77-3711)
    • 鹿沼市内は全域配達可能です。栃木県内は片道30km程度まで配達できます。
    • 配達料は、1往復で2,000円(他市町片道20km超は3,000円)+軽油代実費(燃費5km/ℓで時価計算)となります。
 

ほっこりー2号の肥料成分

検査材料の採取日:平成29年1月24日

pH

8.9

水分

33.5%

窒素全量

2.2%

炭素率(C/N比)

16.9

リン酸全量

4.1%

発芽率

100%

加里全量

4.6%

酸素消費量

1.7μg/g/min

※福島県の畜産環境技術研究所において成分分析しました。PDF 詳細な成分分析結果報告書(PDF 78 KB)   

  • 微生物は有機物を分解するときに酸素を消費しますので、完熟に近づくほど分解できる有機物が少なくなり、酸素消費量も低下します。
  • 植物の種は、発芽・発根するときに酸素を消費しますので、微生物が酸素を消費してしまうと、うまく発芽・発根できないことがあります。
  • 酸素消費量が低く、発芽率が高いことは、十分に腐熟が進行した状態と言えます。
 

放射能の測定結果について

販売たい肥の放射性セシウム(134・137)の測定を定期的に行っており、国の定める許容値
(400Bq/kg)以下の安全な数値が得られています。

  • 平成29年1月24日の測定
    • 測定機関:一般財団法人 畜産環境整備機構 畜産環境技術研究所
    • 測定結果:検出限界以下(30Bq/kg未満)
  • 平成28年4月12日の測定
    • 測定機関:鹿沼市
    • 測定結果:測定下限値未満(機材の測定下限値:31.29Bq/kg)
  • 平成27年8月18日の測定
    • 測定機関:鹿沼市
    • 測定結果:測定下限値未満(機材の測定下限値:28.6Bq/kg)
  • 平成26年5月30日の測定
    • 測定機関:鹿沼市
    • 測定結果:37Bq/kg(機材の測定下限値:25Bq/kg)
  • 平成26年4月23日の測定
    • 測定機関:鹿沼市
    • 測定結果:45Bq/kg(機材の測定下限値:25Bq/kg)
  • 平成25年11月19日の測定
    • 測定機関:鹿沼市
    • 測定結果:45Bq/kg(機材の測定下限値:25Bq/kg)
  • 平成25年5月28日の測定
    • 測定機関:鹿沼市
    • 測定結果:52Bq/kg(機材の測定下限値:25Bq/kg)

開館時間

(平日)午前8時30分~12時、午後1時~5時

 ※たい肥をお買い求めの際は、4時30分までにご来所ください。

 

休館日

  1. 土曜日及び日曜日

  2. 国民の祝日

  3. 年末年始

 

 

有機性資源の搬入について(事業者の方へ)

堆肥化センターに有機性資源を搬入することができる方は次のとおりで、事前の登録が必要です。

 

利用対象者

  1. 市内に住所がある畜産業、造園業、木工業または林業を営む者
  2. 市内に事務所または事業所を有する法人その他の団体で、畜産業、造園業、木工業または林業を営む者
  3. その他市長が必要と認める者

 

利用者登録の方法

利用対象者に該当する方で、利用を希望される方は、鹿沼市堆肥化センター利用者登録申請書を提出してください。

詳しくは下記の説明をご覧ください。 


PDF 新規利用登録希望の方へ (PDF 46 KB) 

PDF 堆肥化センター利用登録申請書(PDF 25 KB) 

PDF 堆肥化センター利用登録申請書(記載例)(PDF 30 KB) 

 PDF堆肥化センターへの進入順路(PDF 591 KB)

 

堆肥化センターの改革に関する基本方針を策定しました

鹿沼市では、運営の改善・施設の改善・たい肥利用の拡大を目的として、『堆肥化センターの改革に関する基本方針』を策定しました。
今後、本方針を基に改善を進めてまいります。

PDF 鹿沼市堆肥化センターの改革に関する基本方針 (PDF 1.99 MB)  


掲載日 平成22年11月11日 更新日 平成29年10月5日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
経済部 堆肥化センター
住所:
〒322-0342 栃木県鹿沼市油田町15-119
電話:
0289-77-3711
FAX:
0289-77-3712
Mail:
(メールフォームが開きます)