このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ市政情報広報・広聴パブリックコメントパブリックコメントの結果> 都市計画マスタープラン地域別構想(素案)に対するパブリック・コメント募集結果

都市計画マスタープラン地域別構想(素案)に対するパブリック・コメント募集結果

実施概要

1 募集期間

平成22年2月1日(月曜日)から2月19日(金曜日)

2 募集の周知

広報かぬま(1月25日号)・市ホームページ

3 資料の閲覧

市ホームページ・都市計画課・市政情報コーナー・各コミュニティセンター

4 提出方法

郵送・FAX・Eメール・直接持参

5 意見提出者

3名(7件)
 

寄せられた意見と、その意見に対する市の考え方および対応を紹介します。

 

寄せられた意見に対する市の考え方および対応
No. 上段:意見などの概要
下段:鹿沼市の考え方(対応)
1 花木センターの活用を提案します。特にさつきの時期に多くの観光客を集客するために、市貝町の芝桜のように茂呂山全山さつき一面にしませんか。
「 KANAKA新・まちづくり実行プラン」のなかで、まちづくりのイメージを「花と緑と清流のまち」としており、本計画書においても、花木センター周辺については、「市街地に隣接する貴重な緑の空間として保全します。」と表現しています。
また、花木センターとしても、施設の改修等や「花いっぱい事業」により、敷地内に四季折々の花を植え、集客力の向上に努めています。
2 押原地区の例幣使通り沿道は、鹿沼市の南玄関口でもあります。しかし沿道に公園はありません。また交通も激しく、歩行者・自転車の安心して一休み出来る場所としてポケットパークなどを市内全般的に設置すれば、鹿沼市のイメージアップになるものと提案いたします。
本計画書において、「幹線道路の街路樹やバランスよく配置する公園によって、水と緑のネットワークを形成します。」と表現しています。また、構想の実現については、市民・事業者・行政など多様な主体が一体となった協働のまちづくりにより、取り組んでいく必要があると考えます。
3 奈佐原町には江戸時代末期から伝承されて来た人形浄瑠璃(奈佐原文楽)があります。収蔵庫一帯(民有未利用地を含む)をミニ公園化し、常設の展示館等設置して鹿沼市の文化財の一つとして多くの方に見ていただき、ついては公演を鑑賞してけるようになれば活動も活発になり、永く伝承されていくものと考えます。
本計画書において、押原地域のまちづくりのテーマを「地域の歴史や文化を大切にした住みよいまちづくり」と表現しています。奈佐原文楽については、地域に根付いた「歴史や伝統文化の継承」を地域の課題として取り上げ、その課題に対する基本的な方針として、「歴史・文化的資源の保全と活用」を図ると表現しています。構想の実現については、歴史・文化に関連する多様な主体が一体となった協働のまちづくりにより、取り組んでいく必要があると考えます。
4 押原地区にはT字路が多く、交通に支障をきたしていると感じております。そこで、構想の早期実現を期待します。また、新北押原コミュニティセンターの開所もあり「末広通り」を楡木方面へ延伸すれば、鹿沼市発展につながるものと思います。
本計画書において、鹿沼中央通りと鹿沼南バイパスを連絡する南北の広域連携軸を構想として位置付けており、実現に向けて取り組んでいきたいと考えます。また、末広通りの延伸については、「生活に密着した道路やコミュニティセンター、学校周辺などの道路は、安全性・機能性に配慮し、地域住民との協働による道づくりを目指します。」と表現しています。
5 高齢化社会に対応する都市計画として、市中心部に高齢者施設や障がい者施設をつくり市の活性化を図ってください。
本計画書において、中心市街地は、集約型都市構造を形成する拠点として、「行政、商業、交通、教育・文化、医療・福祉、情報発信など都市に必要な機能の集積誘導を図ります。」と表現しています。
6 東部台・北犬飼地域のまちづくりの目標として「環境や防災に配慮した安全・安心な居住空間の形成を目指します。」とあります。住宅密集地域である幸町1丁目に広場公園を設け、防災の緊急避難と子どもたちが安全で安心して遊べる広場の設置が必要です。
本計画書において、東部台・北犬飼地域の都市施設等の整備方針のなかで、「緑町・幸町・東町の周辺地区においては、地域の公園需要に対応し、防災上避難地としても機能する新たな地区公園の配置を検討します。」と表現しています。
7 学童の通学時間と通勤時間が重なり幸町1・2・3丁目の通学路は非常に危険地域です。学童の登下校時間はスクールゾーンの設定と歩行者用グリーンベルトの設定を進めてください。
本計画書において、全体構想の都市施設分野の方針のなかで、「学校、医療・福祉などの施設周辺においては、安全・安心な歩行者・自転車空間の確保を図り、これから急速に加速する超高齢社会に対応したまちづくりを目指します。」と表現しています。構想の実現については、交通安全に関連する多様な主体が一体となった協働のまちづくりにより、取り組んでいく必要があると考えます 。

掲載日 平成22年11月2日 更新日 平成28年12月22日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
都市建設部 都市計画課 都市計画係
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(新館 4階)
電話:
0289-63-2209
FAX:
0289-63-2274
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー