このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ市政情報広報・広聴パブリックコメントパブリックコメントの結果> 鹿沼市花木センター改善計画(案)パブリックコメント結果公表

鹿沼市花木センター改善計画(案)パブリックコメント結果公表

実施概要

  1. 募集期間
    平成22年3月25日(木曜日)から4月23日(金曜日)
  2. 募集の周知
    広報かぬま(4月号)・市ホームページ
  3. 資料の閲覧
    市ホームページ・農政課・市政情報コーナー・各コミュニティセンター
  4. 提出方法
    郵送・FAX・Eメール・直接持参
  5. 意見提出者
    3名(6件)

寄せられた意見と、その意見に対する市の考え方および対応を紹介します。

No.上段:意見などの概要
    下段:鹿沼市の考え方(対応)
 

  1. 「イベントとの連携等による販売促進」として、さつきマラソンの会場を花木センターに変更してはどうですか。

    さつきマラソンのコースは、利便性の高い中心部をメイン会場にしながら、交通量が比較的少ないルートに変えるなど、変遷を経て現在に至っています。
    花木センター付近には、市道0017号線、国道121号線等の幹線道路や、住宅街の西茂呂地区があり、交通規制上課題が多いと思われますが、今後、検討の参考のひとつにいたします。
    さつきマラソンの市外参加者にさつきの苗木を無料配布し、さつき祭り・盆栽展などのイベントや花木センターのPRも行っております。計画には「イベントとの連携による販売促進」の中に「さつきマラソン大会等各種イベントとの連携」を追加いたします。 
     
  2. 「花いっぱい事業」として、野鳥の森を活用し、ユキワリソウ等の林床野草の大群落地を作り観光スポットにしてはどうですか。

    「花いっぱい事業」は、花木センター内を四季折々の草花等で飾り、来場者に「癒しの場」を提供し、リピーターの増加や売上向上につなげようとするものです。
    今後の具体的花いっぱい事業の推進の中で、提案の植栽等も検討いたします。
    計画で、「野鳥の森」は、既存の遊歩道、休憩施設等の維持管理に努めながら、市民や観光客が散策や自然観察などを楽しめる場を提供すると位置づけております。 
     
  3. 展示即売所の出品物を年2、3回入替し、季節にあったものにしてほしい。現在は季節にあった商品が少ないです。

    展示販売所の展示品等は、昨年9月に設置した委託者会が、随時商品の入替を行っております。
    草花展示コーナーや温室は、公社が季節に応じたディスプレーなどを含め、来場者の要望に配慮しながら展示替えを行っています。
    引続きセンター運営の中で、消費者ニーズに対応した展示を行います。 
     
  4. 花木センターの森林や施設を利用して、継続的なヘルスツーリズムが展開できるのではないでしょうか。また、地域医療と連携すれば、市民だけでなく観光客も健康的に楽しめる観光地になるのではないでしょうか。
    計画では、「快適で便利な売場づくり」、と「花いっぱい事業」を位置づけています。今後の具体的な事業推進の中で、ヘルスツーリズムや地域医療との連携について検討いたします。 
     
  5. 4年程前、産業展示館の敷地に初日の出を拝みに行こうとしたところ「大事なものがある」とのことで、断られました。改修して、1月1日午前6時から7時30分まで、誰でも入れるよう工夫してください。

    「初日の出」を花木センターで楽しんでもらうこと等を含め、今後、柔軟な対応を検討いたします。 
     
  6. 産業展示館をもっと活用しなければ、もったいないと思います。会場費を安くし、各種団体や個人へ声をかけ、来場者の減少を食い止める工夫を提案します。

    産業展示館の利用促進は、提案内容を含めて、今後対策を検討し、利用向上に努めます。 

掲載日 平成22年11月15日 更新日 平成28年12月22日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
経済部 農政課
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(新館 5階)
電話:
0289-63-2191
FAX:
0289-63-2189
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー