このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ市政情報広報・広聴パブリックコメントパブリックコメントの結果> かぬま多文化共生プラン(案)パブリックコメント結果公表

かぬま多文化共生プラン(案)パブリックコメント結果公表

実施概要

  1. 募集期間
    平成22年11月18日(木曜日)から12月17日(金曜日)
  2. 募集の周知
    広報かぬま(11月号)・市ホームページ
  3. 資料の閲覧
    市ホームページ・企画課・市政情報コーナー・各コミュニティセンター
  4. 提出方法
    郵送・FAX・Eメール・直接持参
  5. 意見提出者
    2名(5件)

寄せられた意見と、その意見に対する市の考え方および対応を紹介します。

No.上段:意見などの概要
 下段:鹿沼市の考え方(対応) 
 

  1. 計画の趣旨について
    趣旨に、「外国籍市民は、将来にわたり地域経済の活性化に寄与し、地域の活動の担い手としても今後期待されます。」とありますが、単純に「人口減少・国際化が進むなかで、増加する外国籍市民」程度がいいのではないかと思います。

    本市の在住の外国籍市民を将来にわたり地域経済の活性化に寄与し、地域の活動の担い手という考えに基づき表現しましたが、現状況において、外国籍市民と日本人市民が互いの文化的ちがいを認め合い対等な関係を築くという考えに基づき、表現を改めるものとします。 
     
  2. 外国人登録者の状況について
    在留資格等の状況は、年度別の推移をベースに分析・評価すべきではないでしょうか。

    外国人登録者の状況については計画策定の材料としており、「国籍別外国人登録者数」及び「在留資格別外国人登録者数」の推移について改めて掲載します。  
  3. 市政モニターアンケートの結果から、市民に対する多文化共生の啓発のなさが如実に出ています。
    そのような状況下、課題としてあげている項目は、外国籍市民に対するものにかたより過ぎているのではないかと思います。「多文化共生の地域づくり」こそ、優先的な重要課題として取り組むべきだと思います。

    本プランにおいても、「多文化共生の地域づくり」を重要な課題と認識しており、児童生徒や市民への多文化理解への意識啓発やボランティアバンクの整備、外国籍市民の意見収集などの事業を重点事業として位置づけています。 これらに基づきより一層の意識啓発を図りつつ、諸課題に取り組んでまいります。   
  4. 本プランが「地域における多文化共生プラン(総務省)」を基に作成しているためか、鹿沼市の独自性がありません。
    例えば、鹿沼市は「外国籍市民特区」を標榜して、地域の活性化をめざすような独自性がほしいと思います。受身ではない前向きの「多文化共生」を推進する先進自治体を目指してほしいと思います。

    外国籍市民の割合が約1%の本市において、市民・関係する団体・行政における各々の役割分担及び連携を整理し、具現化することがプラン策定の目的の一つでした。 これを踏まえ、プラン策定の過程において、様々な意見の集約を図ってまいりましたが、今後、掲載された事業を推進する中で、策定委員や関連する多くの方々とよりそい、つながりを強化しながら、協働で事業を推進していく中で、鹿沼の特色を出せるような事業展開を図ってまいります。  
  5. 外国人児童生徒拠点校の配備
    鹿沼市には、外国籍市民が約1,000人おり、その中には児童生徒もいます。外国籍児童生徒の日本語指導ボランティアをやっておりますが、小中学校における、外国籍児童生徒の指導に計画性や継続性がないように思われます。専任の指導を実施して児童生徒が一日でも早く楽しい学校生活を送るため、東小学校のような外国人児童生徒拠点校を配備してください。

    日本語能力が十分でない外国籍児童生徒の学習及び生活支援は大変重要なことと認識しております。 外国人児童生徒の日本語指導にあたる教員は、県から配置されることになっており、現在は、東小とみなみ小に1名づつ日本語指導の教師が配置され、今後も学校の現状に応じて県に要望してまいります。 また、本プランにおいても「基本目標2安心して暮せるまちづくり」の事業において、学習・生活・就学・受験支援等の事業を位置づけてており、その中で、児童生徒が快適な学校生活を送れるよう市教育委員会、小中学校等と連携しながら、柔軟に対応してまいります。

 


掲載日 平成22年1月5日 更新日 平成28年12月22日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
総務部 企画課 企画調整係
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館 3階)
電話:
0289-63-2146
FAX:
0289-63-2247
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー