このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ市政情報広報・広聴パブリックコメントパブリックコメントの結果> 鹿沼市自治基本条例(案)に対するパブリック・コメント募集結果の公表

鹿沼市自治基本条例(案)に対するパブリック・コメント募集結果の公表

実施概要 

  1. 募集期間
    平成23年11月25日(金曜日)から12月25日(日曜日)
  2. 募集の周知
    広報かぬま、市ホームページ
  3. 資料の閲覧
    市ホームページ、市民活動支援課、市政情報コーナー、各コミュニティセンター
  4. 提出方法
    郵送、FAX、Eメール、直接持参
  5. 意見提出者
    1名(4件)

 

寄せられた意見と、その意見に対する市の考え方および対応を紹介します。 

No.上段:意見などの概要 
     下段:市の考え方(対応) 

  • 全体的意見

1.これまで市民の行政に対する評価は議員への投票のみであったが、この条例が可決成立すれば、「議会」の位置づけは曖昧になり廃止に向かうのではないか。
  第12条に「議会の役割」を定め、また「鹿沼市議会基本条例に基づいて議会運営を行うもの」として、議会の位置づけを明確にしました。

 

  • 条文への意見

2.まちづくりの最高規範と位置づけるなら、憲法をはじめとする他の法律よりも優先させるのかが定義されていない。(第1条)
  あくまで、鹿沼市のまちづくりに関する最高規範であり、憲法や法律よりも優先させる考え方ではありません。

 

3.「市民」の定義が拡大されすぎている。この定義に沿うなら他国籍の外国人でも鹿沼市に通勤しているだけで市民とみなされる。(第3条)
  市民自治や協働によるまちづくりには、外国人や通勤・通学者の協力や参加が必要であると考えます。特に、災害等の緊急時においては、国籍や居住の有無に関係なく連携して対応していくことが必要です。

 

4.本来、鹿沼市の投票権がない者でも、この条例が可決したのちに参政権を求める住民投票が行われれば、外国人でも行政に介入が可能である。(第14条)
  住民投票の実施に関して(対象者等)は別に条例を定めるものとします。場合によっては、外国人に対しても、必要に応じて意見を聴く必要があると考えます。

 

自治基本条例(案)に対してのパブリックコメントにご協力をいただきありがとうございました。


掲載日 平成23年1月5日 更新日 平成28年11月24日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
市民部 地域活動支援課 協働のまちづくり推進係 23番窓口
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(新館 2階)
電話:
0289-63-2240
FAX:
0289-60-1001
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー