このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

友好交流都市

友好都市

<友好都市>

 

<友好交流の覚書を締結している都市>


 

問合せ先

 国内友好都市交流について    総務部企画課企画調整係    電話 0289(63)2146

 海外友好都市交流について    総務部企画課企画調整係    電話 0289(63)2146

   鹿沼市国際交流協会          電話 0289(63)2264

 

東京都足立区

足立区との交流

  昭和59年、足立区が板荷地内に「野外レクリエーションセンター」を建設したことをきっかけに交流を進め、平成4年10月1日に友好都市提携をしました。現在は、市民団体による市民レベルでのスポーツ、文化、芸術等の交流が盛んに行われており、また、万一大きな災害があった際には、互いに援助や協力し合う体制が整えられています。

足立区の概要

  東京都23区の最北端に位置し、東西11.1km、南北8.79kmの扇状の地形で、周囲を囲むように河川が流れています。江戸時代には、千住を中心に宿場町として目覚しい発展を遂げました。現在は、首都圏北東部の要となっており、区の玄関口である北千住駅は、鉄道4線が交差するターミナル駅で、近年は、高層マンションも増加しています。

足立区の概要
人口 669,533人(平成24年10月1日現在)
面積 53.2平方キロメートル
産業 靴・カバン等の革製品・一般機会機具・繊維製品など
観光

西新井大師・炎天寺(小林一茶ゆかりの寺)

足立の花火大会・光の祭典  など

ホームページ 足立区ホームページ
 

東京都墨田区

墨田区との交流

  昭和53年に墨田区の校外学習施設「あわの自然学園」が、上粕尾地内に開設されたことをきっかけとして交流が始まり、平成24年10月13日に友好都市提携をしました。現在は、市民レベルでのスポーツ・文化・産業等の分野で交流が盛んに行われており、また、万一大きな災害があった際には、互いに援助や協力し合う体制が整えられています。

墨田区の概要

  東京都の東部の江東デルタ地帯に位置し、東西4.77km、南北6.12kmで隅田川と荒川にはさまれており、一般に平坦な低地となっています。江戸時代には、いまでも時代を超えて全国の人々に親しまれている墨堤の桜、隅田川の花火、両国の相撲が誕生し、格好の行楽地として歌舞伎や落語の舞台にもなっております。平成24年には電波塔として日本一の高さを誇る東京スカイツリー、平成28年には江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎の殿堂「すみだ北斎美術館」がオープンし、さらなる発展が期待されております。

墨田区の概要
人口 251,715人(平成24年10月1日現在)
面積 13.75平方キロメートル
産業 繊維・機械金属・皮革・紙・ゴムの製造など
観光

東京スカイツリー・隅田川の花火・大相撲

すみだ北斎美術館江戸東京博物館、両国国技館など

ホームページ 墨田区ホームページ

 

 

 中国  鉄嶺市

 鉄嶺市との交流

  鉄嶺市との交流は、昭和57年の頃から民間レベルで進められており、長年の交流の結果、平成4年3月15日に友好都市締結の調印を行いました。
  現在は、市民訪中団の派遣、鉄嶺市訪問団の受入、青少年によるスポーツ交流等を中心に両市の友好交流を推進しています。

20110613-163347  20110613-163437

▲  鉄嶺市の様子                ▲  第8次鹿沼市市民訪中団

 鉄嶺市の概要     

  鉄嶺市は、中国遼寧省の省都である瀋陽市から北へ75kmにあります。市の東部は山が多く、林木が密集しています。中部は平原、西部と北部は丘陵と草原となっています。地域内には遼河体系の清河、柴河等17の支流があり、大小139ものダムを有しています。国家の重要なエネルギー基地でもあり、国家級の大型石炭基地があります。また、大型火力発電所も二ヶ所あり、国内屈指の発電所として遼寧省の約半分の発電量を占めています。 

鉄嶺市の概要
人口 約302万人(鹿沼市の約30倍)
面積 13,000K平方キロメートル(鹿沼市の約26倍)
位置 北緯約42°18′、東経約123°49′
時差 -1時間
鹿沼からの距離 約1,500km
気候

中温帯大陸性季節風気候に属している。冬は寒く乾燥

し、夏は暑く雨が多い。雨期と乾期がはっきりしている。

産業

肥沃な土地を利用した農業(トウモロコシ、こうりゃん、

水稲、大豆)が発達している。
また、機械、冶金、 建材、紡績等の工業が盛んである。

観光

歴史が古く、市内にある龍首山の上に、滋清寺、秀峰塔、

駐蹕塔などの名勝古跡があり、多くの観光客が訪れる。

ホームページ 鉄嶺市ホームページ(中国語です)

 

アメリカ合衆国  グランドフォークス市

グランドフォークス市との交流

グランドフォークス市は、 平成5年から旧粟野町が交流しており、平成18年に新鹿沼市になっても交流が続き、平成27年11月21日に友好都市締結の調印を行いました。

20110613-164142       20110613-165504       20151126-153951

▲秋祭りに参加するグランド   ▲ホームステイ先の地域の       ▲平成27年グランドフォーク
   フォークス市の学生              しめ縄つくりに参加               ス市へ鹿沼市中学生派遣

 

DSC_0059

 ▲  平成27年11月21日  友好都市協定調印式

グランドフォークス市の概要

グランドフォークス市は、 アメリカ合衆国ノースダコタ州にあり、州で三番目の都市です。

日本から約9,000kmの位置にあり、人口約53,000人(鹿沼市の約1/2)、面積49.9k平方メートル(鹿沼市の約1/9)、大陸性の気候で四季があり、気温の日較差、年較差が大きく、夏高温で冬低温になります。

時差は-16時間(夏時間+1時間)です。

主な産業は農業(トウモロコシ、大豆、ジャガイモ、てんさい等)。また教育施設が充実し、アメリカ最大級の航空宇宙学部で有名なノースダコタ大学(以下「UND」という。)があり、世界中の航空業界の人員養成を担っています。大学が市の経済の一部を担う、“大学の町”でもあります。

 

グランドフォークス市の概要
人口 約55,000人(鹿沼市の約1/2)
面積 49.9平方キロメートル(鹿沼市の約1/9倍)
位置 北緯約47°55′、東経約97°11′
時差 -16時間(夏時間+1時間)
鹿沼からの距離 約9,000km
気候

大陸性の気候で式があり、気温の日較差、年較差が大きい。夏高温で冬低温になる。

産業

農業が中心、とうもろこし、大豆、ジャガイモ、てんさい、麦、他。

ホームページ グランドフォークス市のホームページ(英語です)

 

オーストラリア  アーミデイル・デュマレク市

アーミデイル・デュマレク市との交流

アーミデイル・デュマレク市との交流は、平成7年から行われ、6年間の友好交流の後、平成13年4月19日に「友好交流に関する覚書」に調印しました。 

アーミデイル・デュマレク市の概要

  アーミデイル・デュマレク市は、オーストラリア、ニューサウスウェールズ州にあり、シドニーから北へ510kmの位置にあります。広大な土地が広がり、山々の雄大な自然に恵まれ、四季折々の景色を楽しむことができます。人口の約90%が中心街のニューイングランド高原に住んでいます。また、シドニー大学に次ぎ州内で2番目の歴史のあるニューイングランド大学があり、国内外から多くの学生が集まってきます。

 

アーミデイル・デュマレク市の概要
人口 約25,000人(鹿沼市の約1/4)
面積 4,200平方キロメートル(鹿沼市の約9倍)
位置 南緯約30°32′、東経約151°36′
時差 +1時間(夏時間+2時間)
鹿沼からの距離 約7,500km
気候

四季のある温暖な気候 

 (南半球のため季節は日本と逆になる)

産業

広大な土地を利用した牧畜や、小麦、綿花を中心とした農業が盛ん。

観光

ニューイングランド国立公園があり、数々の名勝を求め、毎年多くの観光客が訪れる。 

ホームページ  アーミデイル・デュマレク市ホームページ(英語です)
 

掲載日 平成22年11月15日 更新日 平成29年9月5日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
総務部 企画課 企画調整係
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館 3階)
電話:
0289-63-2146
FAX:
0289-63-2247
Mail:
(メールフォームが開きます)