このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ市政情報市の計画・取り組み市庁舎整備> 『新庁舎整備基本計画』が策定されました。

『新庁舎整備基本計画』が策定されました。

  市では、新庁舎の整備について、規模や配置計画等の条件を整理し、設計の指針となる『鹿沼市新庁舎整備基本計画』を作成いたしました。『基本計画』の策定にあたっては、昨年10月から全庁的な体制で検討を重ね、また市民を主体とした「新庁舎整備基本計画策定推進会議」を設置し、各種関係団体における専門的な視点での意見や市民目線の意見をいただき、計画に反映しています。

 

『鹿沼市新庁舎整備基本計画』

PDF 基本計画(表紙)(PDF 108 KB) 

PDF 基本計画(はじめにから序章まで)(PDF 416 KB) 

PDF 基本計画(第1章から第2章まで)(PDF 1.51 MB) 

PDF 基本計画(第3章から第5章まで)(PDF 1.29 MB) 

PDF 基本計画(第6章から第8章まで)(PDF 3.47 MB) 

PDF 基本計画(第9章から終わりまで)(PDF 378 KB) 

PDF 参考資料(表紙)(PDF 73 KB) 

PDF 参考資料(本文)(PDF 2.78 MB) 

 

市庁舎整備事業の今後について

  現在の社会経済状況は、東北の震災復興事業東京オリンピック・パラリンピックなどによる建設需要の高まりにより、労務費や建設資材費が高騰しており、今後も当面の間は“高止まり”の傾向であります。

  そのため、全国的にも庁舎建設をはじめ、公共施設の大型建設工事の入札の「不調・不落」が多く発生しております。

  このような状況での「設計」や「建設工事」への着手については、財政上のリスクを最大限考慮し、先送りすることが現実的であり、“延期”することといたしました。

  今後も市民の参画と協働による新庁舎の建設を基本としながら、「安全で市民が利用しやすい庁舎」のための事業再開を目指して、建設工事費の動向を的確に見極めてまいります。またその間、庁舎建設基金への継続的な積立や国庫補助金導入の検証等を適切に行ってまいります。

※平成27年5月に『鹿沼市新庁舎整備基本計画』を策定後、建設工事費の高騰により事業を延期していましたが、平成28年4月の熊本地震により、防災拠点としての市庁舎の必要性を再確認し、事業再開の判断をいたしました。


掲載日 平成27年5月26日 更新日 平成29年9月27日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
財務部 庁舎整備推進室
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館 1階)
電話:
0289-63-2481
FAX:
0289-63-2224
Mail:
(メールフォームが開きます)