このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

宅地造成工事許可

概要

宅地造成等規制法は、宅地造成に伴いがけ崩れ又は土砂の流出を生ずるおそれが著しい区域を、宅地造成工事規制区域に指定し、この区域内で行われる宅地造成に関する工事等について災害防止のために必要な規制を行うことにより、国民の生命及び財産の保護を図り、もって公共の福祉に寄与することを目的としています。宅地造成工事規制区域内で宅地造成工事を施工しようとするときは、事前に市長の許可が必要となります。ただし、都市計画法に基づく開発許可を受けた宅地造成工事については、許可は不要です。

 

宅地造成工事規制区域

鹿沼市内において宅地造成工事規制区域は、3地区が定められています。

  • 日吉地区(401ha)
  • 坂田地区(98ha)
  • 糠塚山地区(58ha)

PDF図面(PDF 611 KB)

 

許可を要する工事

宅地造成工事規制区域内で下記の工事を行うときは、事前に都市計画課開発指導係と協議して下さい。

  • 切土した部分に高さ 2m を越えるがけができる場合 
  • 盛土した部分に高さ 1m を越えるがけができる場合 
  • 切土と盛土とを同時にする場合、盛土の部分が 1m 以下のがけができ、かつ、切土と盛土を合わせて 2m を越えるがけができる場合 
  • 切土又は盛土をする土地の面積が 500平方メートル を越える場合

掲載日 平成22年11月5日 更新日 平成28年9月28日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
都市建設部 都市計画課 開発指導係
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(新館 4階)
電話:
0289-63-2215
FAX:
0289-63-2274
Mail:
(メールフォームが開きます)