このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ市政情報都市計画・まちづくり土地・道路> 平成28年度から地籍調査事業が始まります

平成28年度から地籍調査事業が始まります

  地籍調査とは、国土調査法に基づき行われる事業で、土地に関する戸籍調査といわれており、一筆ごとの土地について、所在・地番・地目・境界及び面積の調査・測量を行います。

  調査・測量の結果に基づき、新たに「地籍簿」「地籍図」が作成され、法務局(登記所)備え付けの公図や登記簿が書き換えられます。 

 

地籍調査の必要性

  現在の登記簿や公図は、明治時代に作成されたものが多く含まれており、当時の測量技術の未熟さや長い年月の経過により、現況とのずれが生じている場合があります。

  このような状況を解消するためにも、地籍調査を行い、精度の高い登記簿や公図を作成する必要があります。

 

地籍調査の効果

(1) 土地に関するトラブルの未然防止に役立ちます

  土地の境界が確定するので、境界争い等のさまざまなトラブルを未然に防ぐことができます。

基準点確認の画像

 

(2) 土地取引の円滑化に役立ちます

  正確な土地の状況が、登記簿や公図(地籍図)に反映されるので、安心して土地取引ができます。

 土地取引の画像

 

(3) 災害の復旧に役立ちます

  地震、水害等の災害が起きてしまった場合、境界を容易に確認することができ、復旧事業を円滑に進めることができます。

 工事の画像

 

地籍調査の進め方

  地籍調査は、市が主体となって実施しますが、正確に調査するため、関係者立ち会いのもと境界確認するなど、土地所有者である皆さんのご理解とご協力が必要です。

  土地に関する測量や境界確認の実施には、大変な費用と時間が掛かりますが、地籍調査では、住民の皆さんの費用負担はありません。

 

説明会

  調査箇所の土地所有者等の皆さんに、地籍調査の詳細について説明します。

一筆地調査(境界確認)

  一筆ごとの土地について、土地所有者等の立ち会いのもと、所在、地番、地目、境界等の調査を行います。

地籍測量(地籍簿・地籍図作成)

  一筆地調査の結果に基づき、境界の測量、面積の測定を行い、地籍簿(案)と地籍図(案)を作成します。

地籍簿(案)・地籍図(案)の閲覧・修正

  地籍簿と地籍図の案は、土地所有者等の皆さんに確認していただき、誤り等がある場合は、再調査の上、修正します。

認証

  閲覧・修正後、県の認証を受け、地籍調査の成果(地籍簿・地籍図)が確定します。

法務局(登記所)送付

  認証を受けた後、成果は法務局(登記所)へ送付され、登記簿や公図が書き換えられます。

 

※ 一つの調査箇所の全ての工程が終了するまで、おおむね3年の期間を要します。


掲載日 平成28年4月5日 更新日 平成28年9月13日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
都市建設部 建設監理課 用地・地籍調査係
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館 4階)
電話:
0289-63-2227
FAX:
0289-63-2274
Mail:
(メールフォームが開きます)