このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ市政情報開かれた市政個人情報保護制度> 鹿沼市の個人情報保護制度

鹿沼市の個人情報保護制度

このページは情報量が多いため、ページ内リンクが設定されています。

個人情報保護制度の種類

個人情報保護制度は、個人情報が取り扱われる分野及び個人情報の取扱者ごとに設けられています。
個人情報保護制度の種類
分野 個人情報の取扱者 制度の詳細
公的分野 鹿沼市 このページを御覧ください。
栃木県 栃木県のホームページ
国・独立行政法人等 総務省のホームページ
民間分野 民間事業者 個人情報保護委員会のホームページ

鹿沼市における個人情報保護制度の創設の経緯

  • 鹿沼市は、市民の個人情報保護の重要性を認識し、個人情報の保護に関する条例としては県内市町で最も早い平成10年9月30日に鹿沼市個人情報保護条例を制定し、平成11年11月1日から施行しています。
  • 平成18年1月1日の粟野町との合併により、それまで市とは別の団体であった消防本部が市の組織に位置付けられたことに伴い、実施機関に消防長を追加するとともに、職員、受託業者等の条例違反に対する罰則を設けることにより、市の個人情報の取扱いに対する市民の一層の信頼を確保するため、鹿沼市個人情報保護条例を改正し、平成18年4月1日から施行しています。 

制度の目的

  1. 市が保有する個人情報を適正に取り扱うこと。
  2. 市が保有する個人情報に関する開示、訂正、消去及び目的外利用等の中止を求める権利を市民に保障すること。
  3. 平穏な市民生活を保持し、公正で民主的な姿勢の実現を図り、基本的人権の擁護に資すること。

実施機関

実施機関とは、個人情報保護に関する施策を具体的に実施する機関で、 鹿沼市個人情報保護条例では、次の機関を実施機関として定めています。
  1. 市長(水道事業管理者の権限を行う市長を含む。)
  2. 教育委員会
  3. 選挙管理委員会
  4. 公平委員会
  5. 監査委員
  6. 農業委員会
  7. 固定資産評価審査委員会
  8. 議会
  9. 消防長

個人情報の定義

次の全ての要件を満たすものを「個人情報」として取り扱います。 

  1. 氏名、住所、生年月日などの個人に関する情報であること。(法人や事業を営む個人の当該事業に関する情報は含まれません。)
  2. 特定の個人が識別され、又は識別され得るものであること。
  3. 文書、図画及び電磁的記録に記録されたものであること。

個人情報の適正な取扱い

鹿沼市は、個人情報の取扱いに当たって、次のことを順守します。

収集の制限

  1. 個人情報を収集するときは、あらかじめ個人情報を取り扱う事務の目的を具体的に明らかにします。
  2. 収集する個人情報の範囲は、事務の目的を達成するために必要な範囲とします。
  3. 本人の同意がある場合や人の生命・身体・財産の保護のため緊急かつやむを得ない場合等を除き、原則として、本人から収集します。
  4. 思想、信条及び宗教に関する個人情報並びに社会的差別の原因となるおそれのある個人情報は、法令に基づく場合等を除き、原則として、収集しません。

目的外利用及び外部提供の制限

  1. 本人の同意がある場合や人の生命・身体・財産の保護のため緊急かつやむを得ない場合等を除き、原則として、個人情報を取り扱う事務の目的を超えた利用(目的外利用)や第三者への提供(外部提供)は、行いません。
  2. 法令に基づく場合等を除き、原則として、オンライン結合による個人情報の外部提供は、行いません。

適正な維持管理

  1. 個人情報は、正確かつ最新のものとするとともに、個人情報の漏えい、改ざん、滅失等の事故を防止します。
  2. 保有する必要のなくなった個人情報は、速やかに廃棄します。

個人情報取扱事務登録簿の作成・公表

個人情報を取り扱う場合は、事務の名称、目的、対象者の範囲、記録項目等を記載した個人情報取扱事務登録簿を作成し、公表します。詳しくは、個人情報取扱事務登録簿のページを御覧ください。

このページの先頭へ

個人情報の開示等の請求

実施機関に個人情報を保有されている方は、実施機関に対し、個人情報の開示、訂正、消去又は利用の中止の請求をすることができます。詳しくは、個人情報の開示等の請求のページを御覧ください。

このページの先頭へ

苦情の処理

実施機関は、保有する個人情報の取扱いに関する苦情に迅速かつ適切に対応します。

このページの先頭へ

事業者等の責務

市内の事業者、市の出資法人及び市の事務の委託を受けた受託業者は、個人情報の保護に関し、鹿沼市個人情報保護条例に基づく責務を有しています。

事業者の責務

  1. 個人情報の保護の重要性を認識し、事業の実施に当たって個人情報の収集、保管及び利用をするときは、個人の権利利益を侵害することがないように努めること。
  2. 個人情報の保護に関する市の施策に協力すること。
  3. 次の個人情報については、個人の権利利益を侵害することのないように特に慎重に取り扱うこと。
    1. 思想、信条及び宗教に関する個人情報
    2. 社会的差別の原因となるおそれのある個人情報

出資法人の責務

事業者としての責務のほか、個人情報の保護に関する市の施策に留意しつつ、個人情報の保護のために必要な措置を講ずること。

受託業者の責務

事業者としての責務のほか、市から受託した事務の範囲内で、個人情報の適正な管理について必要な措置を講ずること。

このページの先頭へ

事業者に対する指導、助言等

  1. 市長は、事業者が鹿沼市個人情報保護条例に定める事業者の責務等に明らかに違反していると認めるときは、当該事業者に対し、当該行為の是正又は中止を指導し、これに従わないときは、是正又は中止の勧告をすることができます。
  2. 市長は、事業者が勧告に従わないときは、あらかじめ弁明の機会を付与するとともに、鹿沼市情報公開・個人情報保護審査会の意見を聴いた上で、その事実を公表するなどの必要な措置を講ずることができます。

罰則

実施機関の職員又は職員であった者、受託業務の従事者又は従事していた者などが正当な理由なく、又は不正な利益を図る目的で第三者に個人情報を提供したときは、懲役又は罰金により処罰されます。

 


掲載日 平成22年10月1日 更新日 平成29年8月9日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
総務部 総務課 総務係
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館 3階)
電話:
0289-63-2138
FAX:
0289-63-2143
Mail:
(メールフォームが開きます)