このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ > 加蘇コミュニティセンター「太陽光発電で防災機能強化」(2016.3)

加蘇コミュニティセンター「太陽光発電で防災機能強化」(2016.3)

  災害発生時における加蘇コミュニティセンターの防災機能を強化するため、環境省の補助事業を活用し、太陽光発電設備と蓄電設備を整備しました。

  この設備は、太陽光パネルで発電した電気を蓄電池に蓄えて災害発生時に非常用電源として利用するものであり、再生可能エネルギーを活用した防災機能の強化策です。3月22日に稼働を開始し、停電時でも避難者の安全確保と災害情報の収集・伝達が可能となりました。

  また、4月13日には午後2時から、地元の皆様へのお披露目を兼ねた設備見学会を実施します。見学会ではメーカーの方から直接、設備の説明をしていただきますので、「エコと防災」について改めて考える機会としてください。地区外にお住いの方のご参加も歓迎ですので、多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

 

担当課・問い合わせ先

環境課/0289-64-3194


掲載日 平成28年3月28日 更新日 平成28年10月27日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
総務部 鹿沼営業戦略課 広報広聴係
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館 3階)
電話:
0289-63-2128
FAX:
0289-63-2292
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー