このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ > “木のまちかぬま”の企画展開催!~お菓子の木型と木版画~(2016.3)

“木のまちかぬま”の企画展開催!~お菓子の木型と木版画~(2016.3)

  川上澄生美術館では、4月9日から7月3日まで、企画展「くらしを彩る“木のしごと”―菓子木型と川上澄生の静物画―」を開催します。

  今回の企画展では「木のしごと」をキーワードに、身近なものを描いた川上澄生の静物画や千代紙を約60点、鹿沼菓子組合さんのご協力により、お菓子づくりの木型を約20点展示します。

  お菓子の木型とは、和菓子の落雁(らくがん)などを作る際に用いる木製の型枠のことです。山桜などの硬い木材を彫りだし、四季の風物や縁起物を模ったもので、当時、鹿沼市内の多くの菓子店で用いられていました。多種多様な模様を模った木型を作ることのできる職人は全国でも数えるほどしかおらず、一つ一つが芸術作品のような完成度です。そして、その一部は現在でも現役として活躍しています。

  「木型から伝わる巧みな技術」と「木版画から伝わる温かさ」、2つをとおし、くらしに息づく“職人の心と木の文化”をお楽しみください。

 

担当課・問い合わせ先

川上澄生美術館/0289-62-8272


掲載日 平成28年3月28日 更新日 平成28年10月27日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
総務部 鹿沼営業戦略課 広報広聴係
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館 3階)
電話:
0289-63-2128
FAX:
0289-63-2292
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー