このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ市政情報行財政公共施設活用> PPP/PFI(民間活力の導入)

PPP/PFI(民間活力の導入)

効果的な施設の整備や管理をするためには、行政だけではなく、地域や企業の協力を得ることで、より市民のニーズにあった施設の整備や運営を行うことができます。
本市では、施設の見直しを行う場合、地域住民や企業など民間の持つスキルやノウハウを活かすことができないか、PPP/PFIなど民間活力導入の検討を行います。
 
  • PPPとは?

パブリック・プライベート・パートナーシップ(Public Private Partnership)の略称で、行政と市民、企業などが連携し、サービスの向上や効率化・改善を図っていく手法です。

PPP手法には、PFI、指定管理者制度、市場化テスト、公設民営(DBO)方式、さらに包括的民間委託、自治体業務のアウトソーシング等があります。
 

  • PFIとは?
プライベート・ファイナンス・イニシアティブ(Private Finance Initiative)の略称で、公共施設等の設計、建設、維持管理及び運営に、民間の資金とノウハウを活用し、公共サービスの提供を民間主導で行うことで、効率的かつ効果的な公共サービスの提供を図るという考え方です。
一定の支払に対し、最も価値の高いサービスを提供する、「VFM(ヴァリュー・フォー・マネー)」という考え方が基本原則になります。

PPP/PFI
 

掲載日 平成29年4月1日 更新日 平成29年5月23日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
財務部 公共施設活用課
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館 1階)
電話:
0289-63-2152
FAX:
0289-63-2224
Mail:
(メールフォームが開きます)