ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

鹿沼市の紹介・概要

位置と地勢

鹿沼市は、面積が490.64平方キロメートルで、首都東京からおよそ100キロメートル、北関東の中央部に位置しています。
 

 

 

 

 

位置と面積

市役所の位置  

栃木県鹿沼市 今宮町1688-1  
 

東経

139度44分53秒

北緯

36度33分49秒

海抜

148.8メートル

面積

490.64平方キロメートル

東西

32.97キロメートル

南北

28.17キロメートル 

地域

経度

極東

深津

東経

139度50分08秒

極西

上粕尾

東経

139度28分02秒

緯度

極南

下永野

北緯

36度27分29秒

極北

草久

北緯

36度42分43秒

 ※平成27年3月6日に公表された、国土交通省国土地理院の面積計測方法の変更により、本市の面積値が490.62㎢から490.64㎢に変更となりました。


 


より大きな地図で 鹿沼市役所 を表示

 栃木県の中では、県央西部にあり、圏域の北部は国際観光地の日光に隣接し、南東部には、東北縦貫自動車道鹿沼インターチェンジがあり、近接して北関東自動車道が走っています。
 

 また、県都宇都宮市に隣接し、東北新幹線との連絡も容易な位置にあります。市内には、東武日光線とJR日光線が通り、いずれも、東京までの所要時間は約80分であり広域交通の要衝として、高い地理的優位性を有しています。
 

 市内の約7割は森林で覆われており、西北部の奥深い山々を源として、大芦川、荒井川、粟野川、思川、永野川が、日光方面からは黒川が南流しています。
 西北部の奥深い山々と、その山々を源流とする幾筋もの河川は、山と高原、清流と渓谷という特色ある美しい景観を成し、前日光県立自然公園を形成しています。
 市街地は、鹿沼地域では黒川の河岸低地と東部高台に、粟野地域では思川と粟野川が合流する平地に形成されています。

 

 オオモミジ

 

 

 スギ

 

鹿沼市の歴史

本市が、歴史上の記録に登場するのは、勝道上人の日光開山により大剣が峰(横根山)などが山岳信仰の場になってからとなります。
中世においては、日光山領として、この地域の村々が記録に現れました。
また、戦国時代には、壬生氏が本拠地を鹿沼に移しこの地を支配していましたが、豊臣秀吉の関東侵攻の際に、小田原城落城とともに壬生氏は滅亡し、鹿沼城は廃城となりました。
近世に入ると、日光に東照宮が造営されたことにより、鹿沼地域は日光西街道・例幣使街道の宿駅として生まれ変わり、町は商品流通の中心地として賑わいました。この頃、彫刻屋台が数多くつくられ、町人文化の繁栄がみられました。
粟野地域は、足尾銅山の開設に伴い、生産・生活物資輸送の中継地として賑わいました。
近代に入ると、鹿沼地域では木工業が盛んになり、日光線の開通や関東大震災、戦災復興などによる需要の増大により生産を伸ばし、「木工のまち」としての地位を確立しました。
昭和23 年には、鹿沼町が市制を施行し、その後、昭和29 年に1 市7 か村、昭和30年に2 か村が合併し、粟野町も1 町3 か村が合併し、それぞれの行政区域を形成しました。
昭和46 年4 月には、両市町による鹿沼地区市町広域行政推進協議会を、次いで昭和47年4 月には鹿沼地区広域行政事務組合を設立し、様々な交流と連携を図ってきました。
そして、平成18 年1 月1 日に両市町が合併し、新しい鹿沼市が誕生しました。美しい自然環境と特色のある地域文化や産業など更に魅力を加え新たな歴史を刻みはじめました。
 


 

歴史について、詳しくはこちらから。

 

関連するカテゴリー

市の紹介
組織と電話番号
施設紹介
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる
鹿沼市役所  〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(地図) TEL.0289-64-2111
業務時間:月曜日から金曜日(祝日等を除く)午前8時30分から午後5時15分
月曜日の窓口延長等、詳しくはこちら窓口案内
 

Copyright © Kanuma City. All Rights Reserved.