工芸館TOP 常設展示品 地図

地元自治会の方々が「おもてなしの心」と「地元愛」でご案内します。
彫刻屋台、鹿沼組子書院障子、鹿沼総桐箪笥など展示しています。

  • 開館時間  午前9時から午後5時
  • 休館日   火曜日、祝日の翌日、年末年始
  • 入場料   無料
  • 住 所   栃木県鹿沼市麻苧町1556-1
  • 電 話   0289-64-6131
  • 駐車場   普通車7台・大型バス1台可能

   

彩色彫刻黒漆塗屋台(石橋町)

文化年間(1812年頃)に建造されたと考えられ、安政年間(1860まで)にかけて制作された脇障子、内欄間、高欄下などの彫物により現在の体裁が整ってきました。彫刻師は菊彫の名手・神山政五郎(菊政)と伝えられています。

 「木のふるさと伝統工芸館」では石橋町の屋台をいつでもすぐ近くで見学することができます。
 地元のみなさんが彫刻屋台や秋祭りについて、熱くていねいに解説します。(秋祭り期間中は屋台は不在となります。)

  市指定有形文化財

 

組子づくり体験

鹿沼の伝統工芸、組子づくりをいつでも体験できます。 
数多くある模様の中から、代表的な「麻」と「ごま柄」を組み合わせたの形のコースターをつくります。

  • 材料費 1つ 1,000円
  • 15名以上の団体は、予約をお願いします。

 

 

 

 

   

鹿沼秋祭り

今宮神社の付け祭として毎年10月の第2土曜日・日曜日に行われる鹿沼最大の祭り。江戸時代から伝わる彫刻屋台の繰り込み、繰り出しなど、絢爛豪華な、時代絵巻が繰り広げられます。詳しくはこちらから。