トップくらし・手続き税・保険・年金国民健康保険> 入院時の食事代(標準負担額減額認定)

入院時の食事代(標準負担額減額認定)

入院時の食事代は以下の表のとおりです。
なお、住民税非課税世帯の方は、「国民健康保険限度額適用・標準負担額減額認定証」を医療機関に提示することによって入院時の食事代460円が210円等へ減額され ます
国民健康保険限度額適用・標準負担額減額認定証の有効期限は、毎年7月末日です。これを更新するには、毎年の申請が必要です。

 

入院時の食事代の標準負担額(平成30年4月1日から)
区分 食事の負担額
(1食当たり)
一般・現役並み所得者
(指定難病などの方は負担額が260円に据え置かれます)
460円
住民税非課税世帯(70歳以上では低所得者IIの方)※ 過去1年間の入院日数が90日以下 210円
過去1年間の入院日数が90日を超える 160円
70歳以上で低所得者Iの方※ 100円
※70歳以上の低所得者I、IIの区分は次のとおりです。
低所得者II 世帯主と国保加入者全員が住民税非課税の場合
低所得者I 世帯主と世帯の国保加入者全員が住民税非課税で、かつ収入金額から必要経費・控除を差し引いた所得金額が0円となる場合

申請の方法

新規に認定する場合

申請に必要なもの

  1. 国民健康保険証
  2. 住民税非課税証明書(前年の1月1日以降に鹿沼市に転入した人)※申請する時期によって異なりますので、お問い合わせください。
  3. 世帯主の印鑑

 

長期該当(90日を越える入院)への変更

国民健康保険標準負担額減額認定証を持っている人で、過去1年間の入院日数が90日を超えた場合、再度申請することによって「長期該当」になります。

 

申請に必要なもの

  1. 国民健康保険標準負担額減額認定証
  2. 国民健康保険証
  3. 長期入院が確認できるもの(病院の領収書など)
  4. 世帯主の印鑑

差額の支給

標準負担額減額の要件を満たしているにもかからわらず、やむを得ず減額認定証の交付が受けられなかった場合、または減額認定証を保険医療機関に提出できなかった場合は、既に医療機関に支払った標準負担額から、標準負担額減額認定証を持っていたら支払うべき金額を控除した額について差額が支給されます。

申請に必要なもの

  1. 国民健康保険証
  2. 入院時の領収書(食事負担額の内訳がわかるもの)
  3. 世帯主または対象者の預金口座がわかるもの(通帳など)
  4. 世帯主の印鑑

 

申請の窓口 について

保険年金課 保険給付係
市役所1階(窓口 9番)
電話 0289-63-2166
または、各コミュニティセンターの窓口


掲載日 平成22年11月5日 更新日 平成30年4月20日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
市民部 保険年金課
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館 1階)
電話:
0289-63-2166
FAX:
0289-63-2206
Mail:
(メールフォームが開きます)