トップくらし・手続き税・保険・年金後期高齢者医療> 後期高齢者医療制度の概要

後期高齢者医療制度の概要

制度の運営主体

都道府県の区域ごとにすべての市町村が加入する「後期高齢者医療広域連合」が制度の運営主体となります。

『栃木県後期高齢者医療広域連合』のホームページ

※「栃木県後期高齢者医療広域連合」では、被保険者の資格管理、保険料の賦課、医療給付等を行います。

※保険料の徴収及び申請などの窓口業務は、県内の市や町が行います。

 

後期高齢者医療制度で医療を受ける人

  1. 栃木県内に住所を有する75歳以上の人が対象者です。
    ※75歳の誕生日当日から、後期高齢者医療制度で医療を受けます。
  2. 栃木県内に住所を有する65歳以上75歳未満で、次のaからdの障がいのある人
    1. 身体障害者手帳 1から3級と4級の一部
    2. 精神障がい者保健福祉手帳 1級、2級
    3. 療育手帳 A1、A2
    4. 国民年金法等の障害年金1級・2級の方
※申請をして広域連合長の認定を受けた日から、後期高齢者医療制度で医療を受けます。

 

お医者さんにかかるとき

『 後期高齢者医療被保険証 』 を窓口に提示してください。

一部負担金

次のいずれかの一部負担金を病院窓口で支払います。

一般

  1割

現役並み所得者

  3割

【現役並み所得者とは】

  • 後期高齢者医療被保険者の住民税の課税所得額が145万円以上

ただし、次のいずれかに該当する場合は、申請により「1割負担」に変更されます。

  • 世帯の後期高齢者医療被保険者が1人の場合、収入額が383万円未満
  • 同一世帯内に後期高齢者と、70歳から74歳の人がいる場合は、その収入の合計額が520万円未満
  • 世帯の後期高齢者医療被保険者が2人以上いる場合は、その収入の合計額が520万円未満

一部負担金の限度額

平成29年8月1日から平成30年7月31日までの期間は次のとおりです。
 
一部負担金の限度額(月額)
  外来(個人単位) 外来+入院(世帯単位)
現役並み所得者 57,600円

80,100円+

(医療費-267,000円)×1%

(44,400円)

一般 14,000円
年間上限14万4,000円
57,600円
(44,400円)
低所得者 II 8,000円 24,600円
I 15,000円
  • 一般・現役並み所得者の( )書きの金額は、過去12か月以内に4回以上の高額該当があった場合 の4回目以降の限度額です。
 

※75歳になった月の一部負担金の限度額については、下の表のようになります。
平成21年1月から、75歳になった月に限って、それ以前に加入していた医療保険(国民健康保険や社会保険など)と後期高齢者医療保険制度それぞれの自己負担額を2分の1ずつとしています。
 

75歳になった月の一部負担金の限度額
  外来(個人単位) 外来+入院(個人単位)
現役並み所得者 28,800円

40,050円+

(医療費-133,500円)×1%

一般 7,000円 28,800円
低所得者 II 4,000円 12,300円
I 7,500円

 

入院時の食事代の標準負担額 

平成28年4月1日から平成30年3月31日までの期間は、次のとおりです。

 

入院時の食事代の標準負担額
  区分

1食あたり標準負担額

(1)

一般 ・ 現役並み所得者((2)、(3)、(4)に該当しない人)

360円 ※1
(2) 指定難病患者で低所得者I又は低所得者II以外の方 260円
(3) 低所得者II 住民税非課税世帯 (a)過去1年の入院期間が90日以下 210円
(b)過去1年の入院期間が90日を超える 160円
(4) 低所得者I (3)のうち、その世帯の各所得が必要経費・控除 (年金の所得は控除額を80万円として計算) を差し引いた時に0円になる場合 100円

※平成30年4月1日からは1食あたり460円

  • 低所得IまたはIIの適用を受けるためには、 「限度適用・標準負担額減額認定証」が必要です。市の担当窓口で申請をしてください。 
  • 厚生労働省が指定する特定疾病(人工透析、血友病、HIV)の方の自己負担限度額は10,000(月額)です。「特定疾病療養受療証」が必要になりますので、市の担当窓口で申請してください。 

療養病床に入院したとき 

  • 療養病床に入院したときは、食事代・居住費の標準負担額を自己負担します。
食事代・居住費の標準負担額<医療の必要性が高い方>
区分 1食あたりの食事代 1日あたりの居住費
一般 ・ 現役並み所得者 360円 ※2 200円※3
(指定難病患者の方は0円)
指定難病患者(下記以外の方) 260円
低所得者II 90日までの入院 210円
過去12か月で90日を超える入院※1 160円
低所得者I 100円
※1  限度額適用・標準負担額認定証(低所得者I以外)の認定期間中の入院日数(前保険者を含む)が対象です。該当する方は、お住いの市町窓口で手続きしてください。
※2  平成30年4月から460円(一部医療機関では420円)です。
※3  平成29年9月まで0円、平成30年4月から370円です。
 
区分 一食当たりの食事代 1日あたりの居住費
食事代・居住費の標準負担額<医療の必要性が低い方>
一般・現役並み所得者 460円※1 370円※2
低所得者II 210円
低所得者I 130円
※1  一部医療機関では420円です。
※2  平成29年9月まで320円です。

掲載日 平成22年8月31日 更新日 平成29年8月3日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
市民部 保険年金課
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館 1階)
電話:
0289-63-2166
FAX:
0289-63-2206
Mail:
(メールフォームが開きます)