トップ福祉・健康介護介護サービス> 利用者負担額軽減

利用者負担額軽減

居住費(滞在費)・食費の負担額軽減  社会福祉法人等利用者負担軽減・医療法人等利用者負担助成 更新について

(1)居住費(滞在費)・食費の負担額軽減

市民税世帯非課税者が対象です。
所得による利用者負担段階(表1)に応じ、施設入所(短期入所を含む)時の居住費(滞在費)と食費の負担限度額(表2)が定められ、負担限度額までが利用者負担額となります。

軽減を受けるためには申請が必要です。

(ダウンロード可能)に記入・捺印のうえ介護保険課まで提出してください。

 

  • 平成27年8月から、「特定入所者介護サービス費」の支給対象者の条件が変わります。
  • 住民票上世帯が異なる(世帯分離している)配偶者の所得も判断材料とします。
    「配偶者の範囲」には、婚姻届を提出していない事実婚も含みます。
      また、DV防止法における配偶者からの暴力を受けた場合や行方不明の場合は対象外となります。
  • 預貯金等が単身1,000万円以下、夫婦2,000万円以下であることが要件に加わります。
    「預貯金等に含まれるもの」とは、資産性があり、換金性が高く、価格評価が容易なものが対象となります。
  • 平成28年8月から、区分の決定にあたり、非課税年金(遺族年金、障がい年金)を収入として算定します。
  • 虚偽の申告により不正に特定入所者介護サービス費等の支給を受けた場合には、介護保険法第22条第1項の規定に基づき、支給された額及び最大2倍の加算金を返還していただくことがあります。

 

表1  

利用者負担段階
利用者負担段階 対象者
第1段階
  • 生活保護受給者
  • 老齢福祉年金受給者で世帯全員が市民税非課税の人
第2段階
  • 世帯全員が市民税非課税で課税年金収入額と所得の合計が80万円以下の人(非課税年金含む)
 ※遺族年金、障害年金寡婦年金、かん夫年金、母子年金、準母子年金、遺児年金を含みます。(以下同じ)
第3段階
  • 世帯全員が市民税非課税で課税年金収入額と所得の合計が80万円を超える人(非課税年金含む)

 

表2  

負担限度額(日額)

利用者負担

段階

居住費(滞在費)の限度額

食費の

限度額

ユニット型個室 準ユニット・従来型個室 多床室
第1段階 820円

 490円

※320円

 0円  300円
第2段階 820円

 490円

※420円

 370円  390円
第3段階 1,310円

 1,310円

※820円

 370円  650円

 ※介護老人福祉施設の従来型個室への入所・短期入所の場合

 

(2)社会福祉法人等利用者負担軽減、医療法人等利用者負担助成

市民税世帯非課税かつ、次の5つの要件すべてに該当し、生計が困難であると認められた人が対象です。
社会福祉法人や医療法人等(一部)が行う介護サービスを利用した際に、利用料と滞在費・食費の負担額が4分の1減免されます。

  1. 年間収入が1人世帯で150万円以下(世帯員1人増えるごとに50万円を加算した額以下)
  2. 預貯金額等が1人世帯で350万円以下(世帯員1人増えるごとに100万円を加算した額以下)
  3. 日常生活に供する資産以外に、活用できる資産がない。
  4. 負担能力のある親族(市町村民税課税者等)などに扶養されていない。
  5. 介護保険料の滞納がない。

軽減を受けるためには申請が必要です。下記の必要書類に必要事項を記入・捺印のうえ介護保険課へ提出してください。

必要書類

 

(3)更新について((1)、(2)共通)

居住費(滞在費)・食費の負担額軽減、社会福祉法人等利用者負担軽減、医療法人等利用者負担助成制度は、申請が認められた場合、毎年7月末日までが有効期限となり、一年ごとに更新が必要です。

申請が認められ、認定証または確認証を持っている人に対しては、6月末までに更新案内を郵送しています。
更新案内が届きましたら、7月中旬までにお手続きをお願いします。


掲載日 平成25年5月10日 更新日 平成29年2月24日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
保健福祉部 介護保険課 介護保険係 18番窓口
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館 1階)
電話:
0289-63-2283
FAX:
0289-63-2284
Mail:
(メールフォームが開きます)