トップ福祉・健康健康話題の病気や感染症> 食中毒予防の三原則

食中毒予防の三原則

  • 菌をつけない!
  • 菌を増やさない!
  • 菌を殺す!手洗いのイラスト

食中毒は「菌がつく」「菌が増える」「殺菌不足」から発生します。

健康課健康増進係 TEL0289(63)8311

予防のポイント

  1. 食中毒の原因菌・ウィルスをつけない
    • 洗う
      食品や手、調理器具はしっかり洗う。
    • 包む
      食品は包んで保存する。
  2. 食中毒の原因菌・ウィルスを増やさない
    • 温度管理
    • 室内に放置せず、冷蔵庫に保存する。
    • 早めに食べる
      作った料理は、早めに食べる。食中毒の原因菌・ウィルスを殺す
  3. 加熱 食品内部まで十分に加熱する。
    • 調理器具
      定期的に熱湯や漂白剤などで消毒する。 

腸管出血性大腸菌O-157

O-157の細菌性食中毒も熱に弱く、75℃1分の加熱で死滅します。また、消毒薬も効果があります。(例:手洗いは、殺菌性の強い石けん液、まな板は次亜塩素酸ソーダ系漂白剤で消毒など)

一番大切な予防法は、からだの抵抗力を高めること!

バランスよく食べ、暴飲暴食をせず、乳酸菌の多い食品や、食物繊維を十分にとる。ストレスや慢性疲労は免疫力を低下させるので、規則正しい生活も大切。

食中毒かな、と思ったら

他に原因がないのに、下痢、腹痛、発熱、嘔吐、しびれなどの症状があったら、食中毒かもしれないので、

  1. 下痢止めを飲まない
  2. 水分補給だけで、断食する
  3. 抗生物質をむやみに飲まない

以上のことを守り、すぐにかかりつけの医師の診断を受けましょう。

お問い合わせ

県西健康福祉センター(保健所)
TEL0289(64)3125


掲載日 平成22年10月12日 更新日 平成28年10月25日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
保健福祉部 健康課 健康増進係 12番窓口
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(本館 1階)
電話:
0289-63-8311
FAX:
0289-63-8313
Mail:
(メールフォームが開きます)