トップ福祉・健康高齢福祉在宅福祉サービス> ねたきり老人等紙オムツ引換券給付

ねたきり老人等紙オムツ引換券給付

要介護2以上の高齢者に紙オムツ引換券を交付します。
 

  1. 申し込みから交付まで
    1. 高齢福祉課(19番窓口)またはコミュニティーセンターに申し込みます。
      【申請の際に必要なもの】
      1. 対象者の介護保険証
      2. 対象者の印鑑
      3. 申請者の印鑑
    2. 状況をお聞きします。
    3. 該当の場合、紙オムツ引換券を交付します。
       
  2. 交付を受けられる人
    満60歳以上で要介護2から要介護5の認定を受けており、ねたきり・認知症等により常時紙オムツを使用している在宅または入院中の人。
    • ただし、施設(特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、老人保健施設、介護療養型医療施設)に入所している場合は対象となりません。
    • 重度障がいにより障害者手帳をお持ちの方で、医師の意見書により、常時オムツが必要であることが認められる場合は、紙オムツの給付を受けられる可能性があります。詳しくは障がい福祉課17番窓口63-2176までお問い合わせください。
       
  3. サービスの内容
    紙オムツ引換券を、1ヶ月につき2,000円相当分(1,000円相当分の券2枚)交付します。

    鹿沼薬事協会加盟店で引き換えることができます。

    紙オムツの持ち込みができない病院、診療所または認知症高齢者グループホームに入院または入所した時には、未使用の紙オムツ引換券と引き換えに、支払った紙オムツ代の支給を受けることができます。
    (申請方法は以下のとおり)

入院時紙オムツ代の助成 

  1. 申し込みから助成まで
    1. 紙オムツ代の支払い後、高齢福祉課(19番窓口)に申請します。
      【申請の際に必要なもの】 
      • 紙オムツの支払い額が明記してある領収書
        (対象者名が記載されており、紙オムツの支払い額がわかるもの)
      • 未使用の紙オムツ引換券(領収日の属する年度のもの)
      • 申請者の印鑑(認印)
      • 紙オムツ引換券給付対象者名義の預金通帳(死亡後は相続人の通帳)
    2. 状況をお聞きします。
    3. 審査後、対象者の口座に助成金が振り込まれます。 
       
  2. 対象となる人
    未使用の紙オムツ引換券があり、紙オムツの持込ができない病院、診療所または認知症高齢者グループホームに入院または入所している、もしくは入院または入所していた人。
    ただし、持ち込みができる病院等であっても、以下に該当する場合は対象となります。
    (1)  紙オムツを持ち込んだ場合、別途処分料がかかる
    (2)  持ち込んだ紙オムツを処分してもらえない
     
  3. 助成内容
    未使用の紙オムツ引換券(1枚1,000円相当)の枚数に応じて実費相当額を助成します。
     
  4. 申請期限
    領収日の属する年度の翌年度まで。

掲載日 平成22年11月5日 更新日 平成28年10月25日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
保健福祉部 高齢福祉課 長寿推進係 19番窓口
住所:
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1(新館 1階)
電話:
0289-63-2288
FAX:
0289-63-2284
Mail:
(メールフォームが開きます)